乾燥する冬でもひどい手汗!手のひらの汗の原因と対策

冬 手汗

寒さに身体を縮める冬。暑い季節には悩みのタネになる汗とは、無縁のような寒い季節ですが、冬でも手汗に悩むひとは、決して少なくないようです。

どうして乾燥の季節なのに、手のひらにこんなに汗をかくの?

今回はそんな冬の手汗の原因と止める方法についてご紹介します。

手のひらに汗びっしょり!冬に手汗が出る原因

冬に手汗が止まらない原因は、夏とは違うのでしょうか?

詳しく見ていきましょう。

室温と外気温の差

冬場は当然、外の寒さに合わせて厚着になりやすいですよね。

そうすると、身体が暑いと感違いして(実際に体温もあがってしまいますし)、体温調整のために汗をかきやすくなります。

冬場は気圧が高い

手寒い反面晴れ間の続く冬場は、夏よりも気圧が高くなります。

気圧は発汗と関わりのある交感神経と副交感神経に影響を与えます。気圧が高いと、多汗症の原因にもなる交感神経の働きを高めてしまい、汗をかきやすくなるのです。

基礎代謝があがる

夏場は汗をかくので基礎代謝があがっているように勘違いしがちですが、体温を上げなければいけない冬場のほうが、本当は基礎代謝があがり、汗をかきやすくします。

冬の手汗対策方法

それでは、どのように冬の手汗を対策していけばいいのか、それは、室内で薄着になれるような服装にすることです。

冬場はかえってエアコンのおかげで、電車の中や室内は暑いぐらいになっていることがあります。汗を抑えるためにも、室内では脱ぎ着しやすい服装にするといいでしょう。

また、汗をかいたらこまめに拭くようにすると、体温が下がることも抑えられ、冷え性の対策にもなるでしょう。

季節に関係なく手汗を止める方法

冬の手汗に悩んでいるひとのなかには、一年中手汗に悩んでいるひとも多いようです。手汗は「手掌多汗症(しゅしょうたかんしょう)」といって、多汗症のひとつで、原因の多くはストレスなどが原因となる、精神性発汗のケースが多いようです。

リラックスする

まずは、汗を抑えるには、発汗を促す交感神経ではなく、副交感神経の働きを高めるために、リラックスするようこころがけましょう

リラックスには入浴や、好きな音楽を聴いたり、アロマキャンドルなど自分にあったものをみつけられるといいですね。

ツボを押す

手には汗を抑える「労中…手のひらの中央」や「合谷…手の甲の親指と人差し指の付け根の付近のくぼみ」といったツボがあります。そういったツボを刺激することにより、汗を抑える効果があるとされています。

制汗剤を使う

むかしから制汗剤や消臭剤として使われてきた、おつけものなどに使う「みょうばん」、「焼みょうばん」でつくったみょうばん水も、手汗に効果があるようです。

また一般的な制汗剤ですと、腋などに使うものは、おもにアポクリン汗腺からの汗には効果がありますが、手のひらにあるのはエクリン汗腺なので、なかなか制汗の効果がでません

制汗でしたら手汗向け商品の「ファリネ」など、エクリン汗腺からの汗に効く制汗剤がオススメです。「ファリネ」はナノイオン微粒子が、しっかりとエクリン汗腺をふさいでくれるようで、使い方もパウダーを手にポンポンするだけなので、手軽でオススメです。

>>手汗対策専用制汗パウダー・ファリネの公式サイトはこちら!

 

そのほかにも、ひどい手汗の場合は心療内科などで相談してみるのもいいでしょう。深刻な手汗の場合は汗を止める注射や内視鏡での手術もあるようですので、専門の先生に相談してみてください。

まとめ

  • 体温を上げなければいけない冬場のほうが、本当は基礎代謝があがり、汗をかきやすい。
  • 脱ぎ着がしやすい体温調整のしやすい服装を心がける。
  • 精神を安定させたりツボ押し、手汗用制汗剤を使って対策しましょう。