脇汗止めたい?実践!簡単自宅ケア3つ

脇汗止める画像

脇汗は、精神的要因や病気、肥満などさまざまな原因で多くなります。脇汗は誰でもかくものですから誰しも多少はかきます。多少の脇汗は気にしなくてもよいのですが、それでも脇汗をかくと、どうしよう、服は濡れてないかな、臭いを発していないかなと心配になりますよね。病院に行く、治療するという方法もありますがお金も時間もかかります。まずは、自宅でできて簡単に脇汗を止める方法はないのでしょうか。

制汗剤を使用しよう

制汗剤とは、汗を抑える効果のある商品です。ドラッグストアなどにも種類が豊富にそろえてあるのでチェックしてみてください。スプレータイプやクリームタイプなどさまざまですが、中でもクリームタイプがおすすめです。消臭や汗を抑える効果が他に比べ高いです。しかしながらクリームタイプは、服についたり白く跡が残るなど注意も必要な面もあります。今日では脇汗を抑えるための商品はどんどん進化しています。自分の症状に合った商品を選ぶようにしましょう。しかしながら、市販の制汗剤ではなかなか効果が得られないという声があるのもまた事実です。そんな方にはミョウバン水がおすすめです。水1.5ℓに焼きミョウバン50gを混ぜ一晩おきます。これで原液の出来上がりです。原液は、制汗剤以外にもお風呂のカビ防止や、生ごみなどの生活臭の除去にも使用できます。制汗剤として使用する場合は、これをさらに携帯スプレーなどに入れ、水で10倍に薄め直接スプレーしてください。汗を抑え、消臭効果も期待できますよ。

ミョウバン水に関する記事はこちら

心を落ち着かせよう

プレッシャーや緊張感は交感神経を刺激して脇汗が出る原因となります。つまりリラックスすることが大切です。ではどのように心を落ち着かせるといいのでしょうか。例えば脇汗パッドなどをあて、これをあてているから脇汗を多少かいても大丈夫だというような安心感を持ちましょう。脇汗は気にしすぎることで更に脇汗をかき、悪循環を起こします。この悪循環を断ち切りましょう。また締め付けのないゆったりした服装で寝転がって毎日深呼吸をしたりすべてを忘れて趣味に没頭できる時間を作りましょう。そして、汗をかくのはみんな同じ。自分は特別ではないと気楽に構えられるようコントロールしていきましょう。

積極的に汗をかこう

脇汗で悩んでいるのにどうして?と思うかもしれませんね。現代人は昔より汗をかかなくなっていると言われています。冷え症や、運動不足、冷暖房の普及が原因と考えられています。そうすると汗が正常には働かず、少し体温があがっただけで必要以上の脇汗をかきます。予防策としては、毎日浴槽に浸かったり、適度な運動で全身に汗をかく習慣を身に付けること、冷暖房の使用を控えることがあげられます。逆転の発想が脇汗予防に繋がるのです。

まとめ

  • 自分の症状に合った種類の制汗剤などを使用してみましょう
  • しっかりと汗対策をし、汗をかいても平気という安心感を持ち、リラックスするようにしましょう
  • 積極的に汗をかき健康的な身体作りを心がけましょう
手汗LP誘導画像

SNSでもご購読できます。

最新記事