体温調節のためじゃない?脇汗の原因

脇汗原因画像

汗をかくことは普通のことですが特に脇汗は気になりませんか。手を挙げた瞬間に汗ジミができていて他人に見られた、、、なんて恥ずかしい経験ありませんか。汗をかきやすい夏だけでなく、1年中気になるのが脇汗です。実は脇の下には、汗腺が集中して集まっているため他の場所より汗をかきやすいのです。

汗腺は、エクリン汗腺アポクリン汗腺という2種類がありますが、脇の下にはアポクリン汗腺が多くあります。エクリン汗腺はほとんどが水分でできており臭い物質も少ないのですが、アポクリン汗腺には脂質やたんぱく質、糖質、アンモニア等を含んでいるためネバネバした汗がでるのが特徴でサラサラした汗とは違い乾きにくく、独特の臭いが出ます。そんないや~な脇汗どうして出るのでしょうか。それにはいくつかの原因があるようです。

ストレスが原因!?

脇汗は、ストレスを強くうけるとかきやすいといわれています。例えばプレゼンや発表会など人前に出るプレッシャーや緊張感から交感神経を刺激して脇汗が大量に出るというような仕組みです。日頃からストレスを受けている人は、緊張する場面がなくても脇汗が多く出ます。これは、過度のストレスが男性ホルモンや副腎皮質ホルモン、アドレナリンを放出し、それが皮脂の分泌を促進することによって汗が出ているのです。また、脇汗がたくさん出ていると思い込んだり、気にしすぎることで更に脇汗をかき、悪循環を起こしている場合もあります。発汗恐怖症といって発汗に対して恐怖心を感じるようになり、発汗機能をコントロールできなくなる病気もあります。これは心の病気です。また、このことが人前に立つことを避けるようになり、うつ病や対人恐怖症にまでつながるケースもあります。気にしないでというのは難しいかもしれませんが、汗はみんなが必然的にかくものだから仕方ないというおおらかな気持ちでいることが大切です。

食生活と肥満が原因??

香辛料や酸味の強い食事を多く摂る人は要注意です。交感神経を必要以上に刺激してしまいます。また、アルコールをよく飲む人も発汗を促す作用がありますので注意してください。そして肥満の人は、痩せている人よりも体温が高めで体重も重いため消費するエネルギーも多く、汗をかきやすくなります。脂肪によって、体温の調節がうまくいかず汗をかきやすい体質になるため肥満の人も要注意です。

病気が原因??

バセドー病や先端肥大症、褐色細胞腫、糖尿病などが原因で脇汗が多く出ることがあります。この場合には、元となる疾患の治療が必要です。病院で治療することが大切です。また、女性の40代~50代に起こる更年期障害も脇汗が多く出ることがあります。男性も40代~60代において男性ホルモンの変化に伴い脇汗が多く出ることもありますので40代以上の人で急に脇汗が気になりだしたら更年期障害の影響かもしれません。

まとめ

  • 脇は汗腺が集中している為、特に汗をかきやすい
  • ストレスを受けている時など、心の問題が関係している
  • 刺激の強い食事を多くとる人や肥満の人に多い傾向がある
  • 病気や年齢が関係している場合もある
手汗LP誘導画像

SNSでもご購読できます。

最新記事