クリームでの手汗の止め方は使用方法を間違えると効果はない!

手汗クリーム

手汗対策商品の中には、スプレーやパウダーなど種類はさまざまあり、それぞれ合う合わないも人によってさまざまです。

今回は、クリームタイプの制汗剤の使い方や、どんな人に向いているかについてお話ししたいと思います。

手汗対策に使える制汗剤がある?!こんなタイプはクリーム制汗剤がおすすめ!

脇汗用の制汗剤は結構昔から多く販売されていますが、今は手汗用の制汗剤というものも種類が増えてきました。

一昔前までは手汗に悩む人は脇汗用の制汗剤を使うことも多くありました。

ただ現代では手汗用の制汗剤も様々な種類が出てきましたので、その種類による「合うタイプ・合わないタイプ」を考えればよくなりました。

今回取り上げるクリームタイプの手汗用制汗剤は、一時的に手汗をかきやすいという人より、常に手汗が多いという人におすすめです。

緊張した時にたくさん手汗をかいてしまうという人は、パウダータイプなどの制汗剤で一時的な処置をする方が日常のストレスが少なくて済みますが、常に手がしっとりしているタイプの人は、パウダーの制汗剤では対応が追いつきません

ですから、手汗を常にかいているような人には、クリームタイプの制汗剤で長時間しっかりと対策をすることをおすすめします。

関連記事手汗のデオドラント、たくさんある他のデオドラントとの違い

手汗を本気で止めたいなら「使い方」には要注意

現在、市場に多く出ているパウダータイプの手汗用制汗剤も、クリームタイプの制汗剤も、使い方を正しくしなければ効果は十分に感じられません。

今回ご紹介しているクリームタイプの制汗剤だと塗る前に一度手を洗って手汗を落とし(この時塩分も落とすことになります)、しっかりと水分を拭きとってから丁寧に塗り広げるというのは基本中の基本。

また、汚れや脂分がついた手に塗っても効果は半減なので、汚れもしっかりと取っておくことが肝心です。

手汗用制汗剤はどう選ぶ?

先にも少し触れていますが、手汗用の制汗剤はパウダータイプのものが今のところは主流で、クリームタイプはあまり数は多くありません。

ただ、その人がどういったタイプの手汗に悩んでいるかで、どのタイプの制汗剤を選んだ方が良いかが変わってくるので、「売れているからパウダーを選ぼう」とか「効果が強そうだからクリームにしよう」と安易に選ぶのはちょっと待ちましょう。

自分の手汗のタイプと、利用用途を考えて本当に適した手汗用制汗剤を選ぶのが大事です。

関連記事手汗制汗剤の注意点!選び方間違えてませんか?

パウダータイプの制汗剤

先述したように、一時的に手汗を止めたい!とか1日だけ手汗を止めたい!誰かと手をつないだり触れたりする機会があるから手汗を止めたい!と言う場合に有効です。

持ち運びが簡単なものも多いので、必要な場面で手に使うことで「サラサラ感」が得やすくなります。

クリームタイプの制汗剤

しっかりと手汗を止めたいときや、長時間にわたって手汗を止めたい時に有効です。タイプとしては緊張などの精神面に関係なく、常に手がしっとりしている人が使うと良いでしょう。

仕事の支障になってしまうとか誰かと触れ合う機会は少ない(クリームのしっとり感が気になる人は特に)場合におすすめの制汗剤と言えます。

クリームに対抗・パウダーも負けてない

先ほどはクリームの優位性をあげていましたが、パウダータイプについてもご紹介します。

使い方はクリームタイプと基本的に変わらないのがパウダータイプです。塗り直しが多くなるという点が上がっていましたが、塗り直しが簡単にできるのはメリットです。

必要な時だけ使って肌荒れを防止できるので、肌の弱い人にはおすすめです。中でもファリネは無添加で小さいこともにも使える商品です。

そのため年齢にかかわらず人気が高くなっています。

関連記事手汗を止めるパウダー「ファリネ」の口コミと実際の効果とは?

公式サイトパウダータイプで人気のファリネ(farine)公式サイト

関連記事クリーム・パウダー・制汗剤まとめてランキング!!

まとめ

  • 手汗対策の制汗剤はパウダーが主流
  • クリームの効果を発揮するために塗る前に手を洗いましょう
  • パウダータイプよりクリームタイプの方が持続時間が長い