自律神経失調症による手汗を自立神経のバランスを整えて解決

手汗 自律神経失調症

自立神経失調症を患ってしまうと身体の様々な部分で支障をきたします。

その中でも暑くもないのに手汗が異常に出てしまって困っているケースというのもあり、自立神経の乱れを治していかなければ改善することはできません。

自立神経失調症と手汗の関係はどういったものなのでしょうか。

手汗のひどい人は自律神経のバランスを整えよう

自立神経失調症の方というのは、文字通り自立神経が乱れてしまい正常な機能を果たしていないことを指しています。

自立神経というのはリラックスしている時に働く副交感神経と興奮や緊張、不安の時に働く交感神経の2種類存在します。

精神性発汗

その中でも交感神経が優位に働くと発汗させる信号を送ってしまい、暑くもないのに手汗が出てしまうことがあります。

これを精神性発汗と呼びます。

よく大事なデートで手汗が出てしまう、失敗を許されない会議で手汗が滲んでしまうということがありますが、これが精神性発汗による影響です。

自立神経失調症になると普段の生活で交感神経が働いてしまい、手汗が出てしまうことがあります。

そのため、自立神経失調症の原因であるストレスを解消して自立神経系のバランスを整えてあげる必要があるのです。

自立神経を整える方法

自立神経を整える方法の一つとして、規則正しいリズムで生活をすることが挙げられます。

生活リズが崩れていると、それだけでストレスになり身体は不調をきたしがちです。

寝不足が続いていたりすると身体の抵抗力が弱まるだけでなくストレス耐性も弱くなってしまうのです。

ストレスを解消するために

そして、自立神経失調症であるストレスを解消するために、そのストレスを解消させるためにはどうすればよいかを考えていく必要もあります。

上司がどうしても嫌なのであればその上の上司に相談してみたり、それでも変わらないのであればいっそのこと仕事を辞めてしまうのも一つの方法です。

日本人の傾向として、ストレスを抱え込むとそれに向き合って解決しようと動く方が多いですが、しかし場合によってはそれが逆にストレスを多く抱え込むことに繋がります。

なので、ストレスにわざわざ向かわずに逃げても良いのであれば、ストレスを上手く避けていくということも大事になってくるでしょう。

手汗以外にも症状が!自律神経失調症を治療しよう

自立神経失調症は手汗以外にも様々な症状でその人を苦しめます。

軽いものであれば、頭痛や吐き気、倦怠感、手足のしびれ、なにもないのに不安になるといったことが挙げられます。

症状が重くなってくると、不整脈や気管支喘息、偏頭痛やじんましん、過呼吸等の症状も出てきてしまいます。

これは手汗よりももっと深刻な症状ですので、自立神経失調症だからどうしようもないというネガティブな気持ちは持たずに、前向きに自立神経失調症と向き合って少しずつ治していくんだというポジティブな考えを持つようにしていきましょう。

≫手汗にはストレスが関係している?

自律神経失調症でも手汗対策!

自律神経失調症で薬を飲んでいても利用できる商品があります。

それは手に付けるだけで手汗対策ができるファリネのような商品です。

≫ファリネ(farine)について公式サイトでチェック!!

他にも手に付けるだけの商品なら、飲み薬と併用できるものが多くありますので、試してみてはいかがでしょうか?

≫手汗の商品の紹介ページはこちら

このような商品を利用して手汗が減少するだけで、不安要素が減るのであれば、前向きに利用してみることを検討することをおすすめします。

まとめ

  • 自律神経失調症による手汗は、自律神経のバランスを整えるだけで解決する
  • 自律神経失調症の症状は手汗だけではないので根本治療を行うほうが良い
  • 自律神経失調症でも手汗を解消する薬が使えることがある