冷え性なのにひどい手汗!改善方法ってアレしかない?

%e5%86%b7%e3%81%88%e6%80%a7

なにかとワルモノ扱いされる「汗」ですが、そもそも汗には、人間の体温を調整してくれる大切な役目があります。

運動したり気温が暑かったりすると、体温を下げるためにでる汗。ところが多汗症による手汗がひどいのにかかわらず、冷え性にも悩んでいるひとが少なくないようです。

実は手汗と冷え性には関わり合いがあるようですが、いったいどんな関係があるのでしょうか?

冷えの原因と手汗の原因は一緒?

手汗にも冷え性にもさまざまな原因がありますが、どちらも悩みも同時にあるというひとの場合は、自律神経のバランスに原因があるかもしれません。

交感神経」と「副交感神経」という言葉を聞いたことはないでしょうか?人間の身体の活動を整える自律神経には、この交感神経と副交感神経があります。簡単に言うと昼間の活動時に活発にはたらくのが交感神経で、夜間の安静時に活発にはたらくのが副交感神経です。

自律神経
ストレスやプレッシャーをうけると、この交感神経と副交感神経のバランスが崩れてしまい、自律神経が乱れます。それがひどくなると自律神経失調症と診断されることがあるわけです。

では、交感神経と副交感神経と、手汗と冷え性にはどのような関係があるのでしょうか。

ストレスや緊張感などで交感神経が活発になると?

ストレスやプレッシャー、緊張感などにより、交感神経が高まることによって、身体に熱を作るとされています。身体に熱がつくられることにより、かえって手足など末端まで熱が伝わりにくく、冷え性の原因となります。

また、その発熱による手汗などの汗を、ストレスやプレッシャーなどの緊張感、動悸などが原因のため「精神性発汗」と呼びます。ですから、冷え性と手汗の原因は、どちらも自律神経の乱れにあるというわけです。

冷えと手汗を改善する方法って?

まずは、冷え性と手汗を改善するには、極度の緊張感やストレスを感じないように、精神面をコントロールしたり、ふだんからリラックスできるよう心がけるのが肝要です。そうすることにより、副交感神経が高まり、発汗を抑えて、発熱を抑えることから、冷え性の改善にもつながります。

逆に言えば手汗や冷え性、特に手汗をかくことにストレスを感じてしまい、それが強くなると、交感神経が高まり悪循環ということになります。なかなか自律神経の乱れが改善されない、ストレスのコントロールがうまくいかない場合は、心療内科を受診してみるのもいいでしょう。

手汗には外側からもケアが必要

まず、冷え性や手汗には、睡眠や食事といった生活習慣を見直すところからはじめてみるといいでしょう。質のいい食事でホルモンバランスを整えることも、冷え性改善には効果的です。

また、汗を抑えるためには制汗剤を用いて手汗の改善をするのも効果的ですが、塩化アルミニウムなどが配合された、強い制汗力があるものは、肌に強い刺激とかゆみを引き起こすことがあり、かゆみや刺激は自律神経を乱すストレスにもつながります。制汗剤を選ぶときは、まずは肌にやさしいものを選ぶように心がけましょう。

肌に優しい制汗剤とは?

効果が高いということは、それだけ強い作用のある成分を配合している、と思いますよね。

無添加なのに即効性のある手汗専用の制汗剤が実はあるんです。

肌に強い刺激のあるものは使いたくない、そんな方々におすすめしたいのが、手汗対策で人気の手汗対策用制汗パウダー『ファリネ』。元々、手汗へのコンプレックスを持っていたママさん研究者の悩みから始まり、開発されたのが『ファリネ』。開発者とモニターさん達の思いが詰まった商品ともなれば、その効果にも期待が持てそうです。

  • 医薬部外品
  • 無添加(合成香料・着色料・鉱物油・パラベン・アルコール不使用)
  • 日本製(医薬品と遜色ない水準で製造管理された国内工場で生産)
  • 2016年モンドセレクション受賞
  • 手以外の足や脇などにも使用可

>>手汗対策専用制汗パウダー・ファリネの公式サイトはこちら!

万が一肌荒れした場合は1つ使い切っても30日間返金保証があるので、気軽に試してみてはいかがでしょう?

まとめ

  • 手汗・冷え性の原因は、自律神経のバランスに原因がある可能性。
  • 自律神経のバランスを整えるには、精神コントロールやリラックスが大事。
  • 心療内科での治療や生活習慣の見直しで自律神経のバランスを改善。手汗には専用制汗剤の使用もオススメ