放っておくとどんどん臭う?背中汗の臭いの原因とは?

背中汗臭い原因画像

背中は自分では見えにくい部分でもあり、臭いも感じにくい部分でもあります。

しかし、他人からすると意外に臭っているということもあるかもしれません。

今回は背中汗の臭いの原因や対策についてお話したいと思います。

背中汗の臭いの原因

汗の臭いは、人によって臭う臭わないに差があります。同じ量汗をかいても臭わない人もいれば、少量でも臭いを放つ人もいます。これは一体なぜなのでしょうか?

実は、もともと汗は無臭なのです。

汗自体には全く臭いはありませんが、これに加えて体臭が加わることによって、背中汗が臭ってしまう原因となるのです。

お風呂で出てくる汗は臭いを感じないですよね?

しかしその一方で、運動時に出る汗や、その汗を吸いとった衣類などは臭いを強烈に感じてしまうものです。

この原因は、雑菌にあります。

雑菌は、汗や皮脂そしてアカなど衣類などに付着し、それらを栄養素として繁殖していきます。そして繁殖していった後で、雑菌は汗臭い物質を作り出し放出するのです。

これは体臭が発生していくメカニズムとしても知られています。不快な臭いを感じるだけでなく、油が酸化しているような状態にも見えることがあり、加齢臭を悪化させる一因ともなっているため、雑菌の繁殖を防げるよう清潔さを心掛けましょう。

臭っているのは衣類?

背中汗が出る経路として、汗腺というものが存在しています。汗腺には種類があり、その種類は以下の3つです。

  1. 「エクリン腺」全身に広く分布
  2. 「アポクリン腺」脇の下や陰部、耳の中(外耳道)、肛門、乳輪など限られた部位に存在
  3. 「皮脂腺」背中、胸、顔、頭などに分布

背中汗が臭う原因は、エクリン腺から出る汗と皮脂腺から出る汗です。

エクリン腺から出る汗を雑菌が分解して放つ体臭か、皮脂腺が酸化し発生する加齢臭のどちらかということになりますが、若い方でしたら間違いなくエクリン腺から出る汗が原因でしょう。

しかし背中の汗の臭いが気になる場合、実際に背中が臭っているというよりは、身に着けている衣類が臭っている可能性が高いです。

衣類など、汗を吸い取りやすくずっと湿った状態にある場所は雑菌が繁殖しやすい場所です。

その為、汗を吸った衣類は、背中そのものよりも雑菌が増殖してしまいやすい傾向があるのです。なので、制汗スプレーなどを使用し、背中の臭いを抑えることも効果的ですが、衣類を清潔に保つということも必要となってくるのです。

入浴で清潔に!

背中の臭い対策については、普段の入浴で背中をしっかり洗うことです。

汗をかいた後に、なるべくなら衣服を着替えるということももちろんですが、やはり背中自体を清潔な状態にしておくというのは大切なことです。

しかし、あまりごしごし力強く洗ってしまうと、皮脂を過剰に洗い流してしまうことになり、肌が乾燥し、それを防ぐために皮脂がさらに分泌されるようになってしまいます。

力を入れるというよりは、丁寧に優しく洗うことをオススメします。

 

手汗LP誘導画像

SNSでもご購読できます。

最新記事