恥ずかしい!背中汗で服がびしょびしょ!防げば治る原因とは?

背中汗原因画像

普段そんなに汗をかかないという人でも、背中の汗はかなりかくという方は多いのではないでしょうか?
ランニングやちょっとした運動だけでも、やたら背中だけは汗をかいてしまって、運動後の衣服は絞れるほどだという方も少なくないのではないでしょうか?
季節や暑さを問わず、背中に多量の汗を感じるようであれば、体にとって危険信号と捉えた方が良いでしょう。
背中から汗が出る原因は様々ありますが、汗腺が関係しています。
詳しいメカニズムなどをご紹介します。

背中汗のメカニズム

一体なぜ背中に大量の汗をかいてしまうのでしょうか?

汗を出す為に、汗腺という腺が存在しています。

実は、背中にはこの汗腺が集中しており、身体の他の部分より汗をかきやすい部分となっているのです。

背中やお腹というのは内臓の外側を覆っていく重要な皮膚となっており、いずれの臓器も暑さに弱く、暑さによって機能が低下しないように皮膚がカバーをしているのです。

同様の理由で、背中以外にも胸や足の裏、手の平など汗を多くかいてしまう部分もありますが、いずれにせよ運動以外で大量に汗をかいてしまうと体が危険サインを出しているということになります。

背中の汗が多く出てしまう原因は、体の体温調節における機能が低下しているためかもしれません。

体内の体温調整が上手に行われないと、臓器の温度を下げるために背中に大量に汗をかいているのです。

背中汗は病気のサイン?

この体温調整機能が悪化すると、一体どうなるのでしょうか?

もしかしたら、病気を発症している可能性があります。

たとえば多汗症です。皮膚というのは普通、外の気温を感じ取りながら、体温の調節を行います。脳にも情報が伝わっていくので、暑くなれば脳が指令を出して、体温を下げていくために多量の汗を出すことになります。

暑さによって汗をかく場合には、もともと備わっている体の機能が正常に働いている証拠なので心配は要りません。

しかし、運動をしていない、暑いとも感じていない状態で多量の汗をかく場合には多汗症が疑われます。

背中から出る異常な汗の量は、病気や不調などを示しているサインとなっているので、暑さを感じていないにも関わらず、多量の汗をかくような場合には注意が必要です。

背中汗の原因はこれ?あれ?

背中汗は、原因さえ特定できれば、改善できるかもしれません。

多量に汗をかいてしまう、もっとも多い原因としては、エアコンに身体が慣れてしまうことにより、体温調節機能が低下してしまうということです。

夏にはクーラー、冬には暖房と、世の中が便利になればなるほど私達は電化製品などに頼り、自然の力に逆らおうという傾向が強まっていると思います。

しかし便利になる一方で、これが身体の正常な機能を低下させてしまう一因となり、結果として様々な弊害をもたらしてしまうのです。多汗症も、こうした便利な世の中の副産物というわけですね。

予防するには一つです。エアコンを控え目にすること。

暑い、寒いからと言って、すぐにエアコンに頼るのではなく、なるべくなら自主的に汗をかけるような環境を整えることが望ましいでしょう。

また、肥満の方には多汗症が多いと言われています。バランスのとれた食生活を心掛け、肥満にならないように気をつけましょう。

さらに、たばこやコーヒーも多汗症の原因になる場合があります。ニコチンやカフェインには交感神経を刺激する「中枢神経興奮剤」という物質が多く含まれているので、過剰に摂取すると発汗が促されてしまうのです。

バランスのとれた食事、神経を刺激する物質の過剰摂取などには気をつけ、日々の生活においては汗腺を鍛えてあげるなどして、正常な身体の機能を取り戻しましょう。

手汗LP誘導画像

SNSでもご購読できます。

最新記事