心配!赤ちゃんの背中汗の原因と対策とは?

背中汗赤ちゃん画像

赤ちゃんは大人以上に汗かきです。体温調整を行っているからと分かってはいても心配なものですよね。

特に寝ているときには、布団と接している部分が他よりも汗をかいてしまいます。赤ちゃんは、寝返りも上手にうてない分、背中は汗をかきやすい部分であるといえるのです。

赤ちゃんの汗の量に悩むお母さん・お父さんのためにも、赤ちゃんが汗をかく理由や対策方法をご紹介したいと思います。

赤ちゃんはどうして背中汗を大量にかくの?

大人も子どもも眠っている時には少なからず汗を流していますが、親御さんは赤ちゃんが大量の汗をかいていたら気になってしまうものですよね。

体温調節機能が未発達

赤ちゃんは、体温調節機能が十分に発達していないため、湿度が高くなったり、気温が高くなったりすると、自分自身ではうまく体温調節をすることができないのです。

その代わりに汗を大量にかくことで、自身の体温調節をしています。なので、赤ちゃんが汗を大量にかくからといって、病気の可能性があるわけではないということを覚えておきましょう。むしろ健康の証拠なのです!

新陳代謝が活発

大量に汗をかいてしまう原因として、赤ちゃんは新陳代謝が高いということも挙げられます。

赤ちゃんを抱っこするといつでも体温が高いことを感じるのではないでしょうか?これは新陳代謝が高いためなのです。

 

赤ちゃんは健康に生きるために汗をかいているわけですね。汗を放置してしまうと、風邪を引いてしまったり、お腹が冷えると下痢になってしまうこともあります。

汗をかいていることに気づいたら、すぐに拭いてあげたり、衣服を取り替えてあげるなどして赤ちゃんの健康管理に気を遣うようにしましょう。

 

赤ちゃんの寝ているときの背中汗対策

就寝時の赤ちゃんの背中汗対策をご紹介します。

汗取りパッド

背中に入れる汗取りパッド商品は市販で多く売られています。

衣服だけを着せるより、こうしたグッズを活用することで、背中汗の吸水性をあげ、あせもを防ぐことも可能です。

取り外しも簡単ですし、ぜひ取り入れてみてくださいね。

背中にタオル

汗取りパッドと同じ効果を発揮するのが、背中にタオルを入れることです。

しかし、タオルの素材にはこだわる必要があります。なるべくなら、汗取りパッドと同じ綿素材のものがオススメです。

綿は吸水性・通気性に優れているので、タオルを選ぶときは綿のものを選びましょう。

タオルですと、その厚みで赤ちゃんが嫌がるかもしれないので、そんな時には汗取りパッドの活用を考えましょう。

室温の調整

エアコンや扇風機を使用し、室温の調整を行いましょう。

エアコンの室温は26~28度で外気温の差は-3~5度を目安に設定しましょう。

エアコンの風は、直接赤ちゃんには向けず、部屋を循環させるような向きに設定し、季節の変わり目には特に室温の調整には気を遣いましょう。

赤ちゃんは汗をかくことも仕事のひとつです。

汗をかくことにあまり敏感になりすぎずに、時にはあえて汗をかかせてあげることで汗腺を鍛えてあげましょう。

汗のケア

では、汗をかいてしまった時のケアはどうしたらよいのでしょうか?

タオルで拭くといっても、拭き方があります。詳しいケアの方法をご紹介したいと思います。

タオルで拭く

タオルの選び方としては、肌触りの良い柔らかい素材のものにしましょう。

拭くときには、乾いたタオルではなく、蒸らしたタオルを用意します。

赤ちゃんは肌が敏感なので、優しくなでるように拭いてあげるようにしましょう。

ちょっと余分な汗を拭いてあげたいなというくらいでしたら、乾いたタオルでポンポンと肌に当てて汗を吸い取ってあげるようなイメージで拭いてあげましょう。

シャワー

寝起きや外出先から帰宅した際には、シャワーを浴びせてあげるようにしましょう。

汗と皮脂を綺麗に流しておくことは、あせもの予防にもなります。

しかし、赤ちゃんは肌が敏感なのでベビー石鹸を使うのは一日に一度だけで十分です。石鹸で洗いすぎてしまうと、肌が乾燥してしまい、肌トラブルを起こす原因となりますので、汗が気になるときのシャワーは、ぬるま湯だけにするようにしましょう。

 

赤ちゃんは汗をかくのが仕事です。

あせもの予防や、風邪予防を心がけ、しっかりとした汗のケアを行ってあげるようにしましょう。

手汗LP誘導画像

SNSでもご購読できます。

最新記事