手足にできる水ぶくれやかゆみの原因「汗疱」の予防方法

shutterstock_394303537

季節によってあらわれるお肌のトラブル。普段、お顔や湯上り、帰宅後のスキンケアは入念にしても、なかなか行き届かないことってありますよね。

手のひらに、ホントに小さな小さな水ぶくれができてる!なんてことが時々あるかと思います。はじめは痛みも痒みもないので、そのまま放っておくと、そのうちその水ぶくれが破れて、炎症を起こし湿疹になり……それってひょっとしたら「汗疱(かんぽう)」や「汗疱状湿疹(かんぽうじょうしっしん)」かもしれません。

水虫だと思ってたら違った!?汗疱の症状と特徴

「汗疱状湿疹」になると症状が似ているため、水虫と勘違いすることがあります。

水虫に感染しても恥かしいことはありませんが、なにか水虫と聞くとイメージが悪く、皮膚科にもなかなか行きづらい。仕方がないので市販の水虫用の薬を買って治そうとしても、なかなか治らない。

症状が似ているものの、「汗疱状湿疹」と「水虫」とは全く違うものだからです。

俗に言う水虫は「白癬菌(はくせんきん)」というカビの仲間で、菌というぐらいですからうつることがあります。

一方、「汗疱」からできる「汗疱状湿疹」は、はじめ数ミリの「汗疱」という水ぶくれ「水疱」が、大きくなったり破けてできる炎症、湿疹が「汗疱状湿疹」です。

炎症をともなうため、痒みがでるため水虫と勘違いされますが、「汗疱状湿疹」の場合は汗が原因のため、感染する、感染したということはありません

原因不明?汗疱の原因は?

汗疱の原因はまだまだはっきりとはわかっていないようですが、手汗をかきやすい人や、手に汗をかいたときに、汗が皮膚の表面に上手く出てくることができないため、水ぶくれのようになると考えられています。

無理にはがすのは逆効果!汗疱の治療方法

原因不明ですから、なかなか「汗疱」に対する治療法はありませんが、無理に破いたり、皮をめくったりするのはやめましょう。皮がむけたりして気になる場合は、眉毛のハサミなどで切るといいそうです。無理にはがしたり、かきむしったりするのは逆効果です。

一番いいのは皮膚科に行ってステロイド剤などと、保湿剤を処方してもらうのがいいでしょう。早めに処置して、ひどくならないうちに治療するのが肝心です。

皮膚科に行けない場合は、水虫用の薬ではなく、湿疹用の塗り薬がオススメですが、必ず薬剤師さんに相談するようにしてください。

汗疱を予防するには

「汗疱」や「汗疱状湿疹」を予防するには、まずは足や手を蒸れないようにしてください。

界面活性剤を避ける

手にできる湿疹のほとんどが界面活性剤の影響が強いのではないかと考えられています。

汚れを落とすための洗剤やシャンプーにはほとんどこの界面活性剤が使用されていますので、食器を洗う時など家事の際にはゴム手袋を着用しましょう。ただし、ゴム手袋は通気性も悪く、「汗疱」をおこしやすいので、長い時間つけないようにしましょう。

洗剤も手に優しい成分が配合されたものを選ぶべきです。

身体を洗うボディーソープも界面活性剤が入っているのなら、無添加の石鹸に変えてみましょう。

手汗専用の制汗パウダー

「手掌多汗症」のように、俗に手汗を多くかくという人は、こまめに汗をふいたり、手のひら用の制汗剤で、手のひらをサラサラに保つよう心がけるといいでしょう。

>>手汗ケアの商品に迷ったらこちら

手汗がひどい時でも即効性があり、無添加素材ですから子どもでも安心して使うことができる商品が『ファリネ』です。

ファリネはなんといってもコンパクトで持ち運びがしやすいという点がおすすめ。バッグに入れてもかさばらないし、荷物の邪魔になることもありません。

>>手汗対策専用制汗パウダー・ファリネの公式サイトはこちら!

まとめ

  • 痒みがでるため水虫と似ているが、「汗疱状湿疹」の場合は汗が原因。
  • 治療は、皮膚科でステロイド剤や、保湿剤を処方してもらう。
  • 「汗疱」や「汗疱状湿疹」を予防するには、足や手を蒸れない状態にすること。