妊娠すると手汗をかきやすくなる原因と3つの対策

%e6%89%8b%e6%b1%97%e5%a6%8a%e5%a8%a0

赤ちゃんがお腹に宿ると、お母さんである妊婦さんは今までとはちがった体調の変化や、体質の変化がたくさんでてきます。

いままでそんなに気にしなかった「手汗」が増えるのもそのひとつ。妊娠するとどうして「手汗」が増えるのでしょうか?

なぜ妊娠すると手汗が増えるの?

妊娠後の体質の変化の原因は、ホルモンバランスの変調にあるようです。ホルモンバランスが乱れると、体温調節の機能が乱れることがあります。

発汗は体温を調節するはたらきがあります。ホルモンバランスが乱れ、暑さを感違いすることによって、体温を下げるために汗をかきます。そのひとつが手汗なのです。

手汗 妊娠
妊娠すると、まず最初の3カ月、それから9カ月から赤ちゃんを産むまでの間が、特にこのホルモンが変動するといわれています。またホルモンバランスが整えば、自然とこの手汗もおさまってきます。

妊婦さんの手汗対策方法

妊婦さんの場合「手汗」を抑えるといっても、なにかと身体に気を使うことが多いと思います。

エアコンを効果的に使う

夏でなくても扇風機やクーラーを効果的に使うといいでしょう。あまり身体を冷やさないよう、26度から28度ぐらいをたもち、扇風機やクーラーの風は直接身体にあてないようにしてください。

汗を抑えるツボを押す

妊婦さんには汗を抑えるツボもおすすめです。手には、発汗を抑えるツボがあります。手のひらのちょうど真ん中あたりのくぼみは「労宮(ろうきゅう)」と呼ばれるツボです。

ツボ
また、手のひらを下にして人差し指と親指の付け根のあたりのくぼみ、すこし人差し指寄りになりますが、ここも「合谷(ごうこく)」というツボです。このツボを少し痛い程度にゆっくり押すのも、汗を抑えるのにはおすすめです。

>>即効性のある手汗を抑えるツボ

妊婦さんのための手汗を抑えるおすすめアイテム

もし、妊婦さんが手汗対策グッズを選ぶなら、以下の3つがおすすめです。

  • みょうばん水
  • ベビーパウダー
  • 刺激の少ない手汗用の制汗剤

みょうばん水は昔から汗を抑えるのによく使われます。みょうばんって耳にしたことはないでしょうか?

お漬物などにも使うものなので、手にも安心して使うことができます

ベビーパウダーも安心して使うことができますが、手汗がひどい場合は刺激の少ない手汗用の制汗剤もおすすめです。「ファリネ」など刺激の少ない手汗用の制汗剤もあるようですので、ネットでいろいろと検討してみてもいいかもしれませんね。

ファリネ
>>手汗対策専用制汗パウダー・ファリネの公式サイトはこちら!

また妊娠中は制汗剤などにも、なにかと気にかけないところですよね。もし、手汗対策になにかグッズを用いるのでしたら、刺激の少ないものを選びたいところですよね。

>>手汗のミカタおすすめ商品はこちら

まとめ

  • 妊娠すると手汗をかく原因は、ホルモンバランスが乱れ、体温調節の機能が乱れるから。自然に治る場合が多い。
  • 室温の調整や、ツボ押しで手汗の緩和。
  • 対策グッズとして、みょうばん水や「ファリネ」など刺激の少ない手汗用の制汗剤がおススメ。