手汗制汗剤パースピレックス!誤った判断が肌トラブルの原因に…

パースピレックス Perspirex 手汗

手汗のみならず、汗に悩む人であれば一度は耳にしたことがあるかもしれないパースピレックス(Perspirex)。

特許処方で長時間の効果が期待できるという新しいタイプの制汗剤として有名です。

さて、実際にその効果などはどのようなものなのでしょうか?

詳しく解説していきたいと思います。

パースピレックスは今までの制汗剤と何が違うの?

パースピレックスが今までの制汗剤と違うポイントは塩化アルミニウムを含んだ制汗剤であるということです。

関連記事過去に紹介した手汗に効果のある制汗剤の選び方はこちら

実はこの塩化アルミニウムは肌への負担が大きいとされ、一般的に市販されている制汗剤には含まれていない商品が多いです。

では、パースピレックスを使用すると危険なのでしょうか?

実はパースピレックスはこの安全面をしっかりと考慮した商品であり、この塩化アルミニウムの副作用を抑えることに成功している商品なのです。

そのポイントとなるのが、乳酸アルミニウムです。

塩化アルミニウムで肌が炎症を起こしてしまう理由は塩化アルミニウムが水と反応して角栓を形成する際に、微量の塩酸が生成されてしまうためです。これにより肌へ刺激を与えてしまいます。

しかしながら、乳酸アルミニウムも配合することで塩酸を減退させることができ、皮膚への刺激を防ぐことができます。

パースピレックス Perspirex 手汗

パースピレックスロールタイプ
引用元:dr-noriko.dreamlog.jp

 
ここまで見るとパースピレックスは完全な商品のように見えるのですが、やはり注意点もあります。それは乳酸アルミニウムが含まれているといってもローションタイプのパースピレックスはワキには使用厳禁です。

パースピレックス Perspirex 手汗

パースピレックスローションタイプ
引用元:町田美容皮膚科形成外科

 
ローションタイプは塩化アルミニウムの成分が強すぎるため、肌への負担が大きく炎症を起こしてしまうのです。ワキに使用する際には必ずロールタイプのものを使用するようにしましょう。

ワキ用のロールオンタイプは乳酸カルシウム配合で、より肌に優しくなっています。

パースピレックスはどのような症状で悩んでいる人に効果的なのか?

パーピーレックスは、脇や足、手汗が酷い人や多汗症の人、ワキガで悩んでいる人に効果があります。1度使用するだけで、長期間効果を得たいと思っている人にオススメな制汗剤になっています。

市販されている制汗剤は、効果の持続時間が短いため外出先や仕事中、スポーツをしている最中などに制汗効果がなくなってしまうなんてことも経験されたことがあるのではないでしょうか。

1日に何回も塗り直しをしないといけないため、塗り直すのが手間で面倒なことや制汗剤を家に忘れてしまった場合などが欠点でした。

パースピレックスはこのような悩みや手間などを一切はぶき、長時間効果が持続できるのが強みです。1回使用すると3~5日程度は持つので、手汗のことで悩むことも少なくなります。
衣類への色移りや白い筋が残るという心配もありません。

パースピレックスの価格と購入方法について

パースピレックスには、ボディ用(ローションタイプ)とワキ用(ロールタイプ)があり手汗で悩んでいる人には、ボディー用が処方されます。

価格は、ボディ用で5,400円(税込)ワキ用は4,860円(税込)です。

実はこのパースピレックスは医療機関専売品であるため、美容クリニックなどで診察を受けない限りは入手することができません

関連記事過去に紹介した病院で受けられる4つの手汗治療方法はこちら

それほど成分が強いため、医師の適切な判断のもと処方されるべき商品とされているようです。

しかしながら、最近では個人輸入などを通してネットで購入することも可能となっています。個人輸入代行業者を通して購入すれば、為替の状況にもよりますがワキ用が約2,500円、ボディ用が約3,200円で手に入れることも可能です。

とはいえ、個人輸入で購入する前に医師に診察してもらい自分にあった治療方法を選択するほうがよいと言えるでしょう。自分の判断で輸入し使用することは誤った使用方法に繋がってしまい肌トラブルの原因にもなりかねません。

慎重に判断し、行動することをオススメします。

パースピレックスの使用方法について

寝る前に汗を抑えたい部分(手汗が気になる人は手のひらに)に、パースピレックスを塗布していきます。脇に塗布した場合は、完全に乾いてから服を着るようにしましょう。

翌朝に塗り直す必要はありませんが、塗布した部分を濡れたタオルなどで拭くだけです。効果が出始めるまでの1週間程度は毎晩塗布し、効果が出始めてきたら週2~3回の塗布をするだけでOKです。

しかし、使用中に刺激を感じたり炎症やかぶれなどがおこってしまった場合は、直ちに使用を中止し医師の診察を受けて下さい。

パースピレックスだけじゃない!?手汗制汗剤はほかにもある

手汗制汗剤はパースピレックス(Perspirex)以外にもあります。

今回紹介したパースピレックスは、塩化アルミニウムが含まれていて、効果は高いのですが、肌に負担がかかる商品です。

一方ファリネは無添加で赤ちゃんにも使えるものです。刺激が強すぎる場合はこちらの利用も検討してはいかがでしょうか。

関連記事手汗を止めるパウダー「ファリネ」の口コミと実際の効果とは?

公式サイト無添加でやさしいファリネ(farine)公式サイト

関連記事パースピレックス、ファリネは何位?人気制汗剤ランキング発表!!

まとめ

  • パーピレックスは、塩化アルミニウムの副作用を抑えることに成功している商品
  • 乳酸アルミニウムを配合することにより肌への負担を軽減
  • 市販の制汗剤とは異なり、1回使用すると3~5日程度は持つ為、長期間効果を得たい人にはオススメ
  • 効果が出始めるには約1週間程度かかる
  • 美容クリニックなどで診断を受けてから購入しましょう