更年期障害の多汗・発汗の原因を知って症状を緩和する!

%e6%9b%b4%e5%b9%b4%e6%9c%9f%e6%b1%97

誰もが迎える更年期。ホルモンバランスの乱れが主な原因とされ、身体に変調が現れる時期です。その更年期の代表的な症状の1つ、多汗・発汗を抑える方法について考えてみましょう。

更年期の多汗・発汗とは

更年期になると、のぼせほてり発汗などの症状を訴える方が多くいます。更年期になると身体にさまざまな症状が現れます。その中でも、のぼせやほてり、発汗などの症状は「ホットフラッシュ」と呼ばれ、更年期障害の代表的な症状です。

こうした症状は突然起こり、緊張ストレスがきっかけとなって発症することもあります。また、ホットフラッシュが起きた後の急激な冷えや、上半身はほてっている一方で、下半身は冷たいといった、のぼせと冷えが混在する症状が出ることもあります。

更年汗・発汗の予防・対処法

汗を止めようと考えることは、かえって逆効果になります。予防法や適切な対処法を知れば、更年期の症状に対する不安もやわらぐのではないでしょうか。

全身の汗腺を鍛える

運動不足で汗をかかない生活を続けると、汗腺の働きが弱くなってしまいます。その結果、活動が活発なわきの下や顔の汗腺に、汗の分泌が集中してしまうのです。普段から軽い運動をするように心がけ、全身の汗腺を鍛えると、全身にバランスよく汗をかくことができるようになります。顔からしたたるほどの汗をかくホットフラッシュの症状も、これで軽減できるはずです。

下着にも工夫を

吸水性に優れ速乾性の肌着を身に付けるようにすると、汗のにおい対策にもなります。また、汗をかいたらすぐに拭き取れるよう、出掛ける際にはタオルやハンカチを持ち歩くことをお勧めします。最近は、携帯用の保冷剤が販売されています。ほてりやのぼせを感じたら、保冷剤を使って身体を冷やすのも効果的です。太い血管が集まる首の後ろに保冷剤を当てることで、全身を効率的に冷やすことができます。

更年期症状を緩和する「エクオール」とは?

エクオールとは、大豆に含まれる大豆イソフラボンの一種「ダイゼイン」が、腸内細菌の作用によって変化したものです。

エクオールの有用性は、エストロゲンの100分の1から1000分の1とわずかながら、エストロゲンが不足すると、エクオールがエストロゲン受容体に結合して、その働きを補う作用があります。逆に、エストロゲンの分泌量が過剰な場合でも、エストロゲン受容体に結合したエクオールが、エストロゲンの過剰分泌による体の変化を抑制してくれます。

エクオールには、このようなホルモンバランスを整える働きがあります。このエクオールをサプリなどで直接摂取すると、効率的に更年期の症状を緩和することができます。

更年期だからと諦めず、ご紹介した予防法や対策をぜひ試してみてください。

まとめ

  • ホットフラッシュ」と呼ばれ、更年期障害の代表的な症状
  • 普段から軽い運動をするように心がけ、全身の汗腺を鍛える
  • エクオールを接種して、ホルモンバランスを整える
手汗LP誘導画像

SNSでもご購読できます。

最新記事