その水ぶくれは、異汗性湿疹(いかんせいしっしん)?

%e7%95%b0%e6%b1%97%e6%80%a7%e6%b9%bf%e7%96%b9

夏が近づき手足が汗ばむ季節になると、いつの間にか手に水ぶくれができていたといった経験ありますよね。放っておくといつの間にか治ってしまうことも多いことから、気に留めることが少ないかもしれません。

実はこの症状には「異汗性湿疹(いかんせいしっしん)」という呼び名があります。いったい、異汗性湿疹とはどのようなものなのか、これから詳しく説明いたします。

異汗性湿疹の症状

異汗性湿疹とは、汗をかきやすい手のひら、足の裏、手足の指などにできる小さな水疱で、強いかゆみを伴うことが特徴です。発汗の多い夏場に多く見られる症状です。掻きむしって水疱が破れると、その部分はジュクジュクとした湿潤な状態になります。そして、肌が再生されるにつれて、その部分は潤いの感じられない乾燥した状態になります。

掻くと、水疱以外の部分にも赤みを帯びた湿疹が発生することがあります。カサカサした部分に、他の水疱ができて繰り返し発症する特徴を持っています。また、隣接する水疱が合体して1つの大きな水泡になることも。異汗性湿疹と水虫は症状が似ています。病院で診断を受けて、適切に治療するようにしましょう。

異汗性湿疹の原因

異汗性湿疹は、汗をかきやすくなる夏に多く発症する皮膚の病気です。しかし、なぜこうした現象が起こるのか、そのメカニズムは明らかになっていません

手のひらや足の裏に汗をかくだけでは、水疱の症状は現れません。ところが汗を分泌する汗腺が詰まってしまうと、汗が皮膚の中に溜まってしまいます。その結果、溜まった汗が皮膚の表面に水疱となって現れるのです。

異汗性湿疹の治療

発汗には、次の2種類があります。暑いときや運動をしている時にかく汗で、体温調節を目的とした温熱性発汗と、緊張や驚きなど、精神的ストレスが原因となる精神性発汗です。精神性発汗が原因の異汗性湿疹では、症状を抑えると同時に治療を行う必要があります。

ステロイド外用剤および尿素配合保湿剤

異汗性湿疹の症状を抑えるために病院で処方されるのは、ステロイド外用剤尿素成分が配合された保湿クリームです。症状が重い場合はステロイド外用剤を使い、軽い症状の場合はクリームによる保湿を行うことで、症状を抑制することができます。

塩化アルミニウム溶液

制汗作用のある塩化アルミニウムを用いた密封療法には、発汗量を抑える効果があります。これまでのデータから、高い確率で異汗性湿疹の症状を改善することができる治療法です。

ストレスを溜めない

精神的負担、いわゆるストレスが、精神性発汗の原因となります。ストレスを溜めない生活を心掛け、自分なりのストレス解消法を持つことが、異汗性湿疹の症状改善には効果的です。また、かゆみや痛みなどの異汗性湿疹の症状自体がストレスにつながります。異汗性湿疹を発症してしまったら、適切に対処して早期の治療を心掛けるようにしましょう。

まとめ

  • 異汗性湿疹(いかんせいしっしん)とは、発汗の多い夏場に多く見られる症状。小さな水疱で、強いかゆみを伴う。
  • 治療にはステロイド外用剤・尿素配合保湿剤や塩化アルミニウムを用いた密封療法がある。
  • 精神性発汗の原因であるストレスの解消で異汗性湿疹を予防。発症したら、適切に対処して早期の治療を。

 

手汗LP誘導画像

SNSでもご購読できます。

最新記事