かぶれてるしコレあせもじゃない…もしかして接触性皮膚炎?

接触性皮膚炎

接触性皮膚炎をご存知でしょうか?

かぶれや、金属アレルギーなどのアレルギーによる湿疹も、接触性皮膚炎の一種です。

この耳慣れない肌トラブル、接触性皮膚炎について詳しく解説いたします。

接触性皮膚炎の特徴や症状

接触性皮膚炎は、外的刺激となる物質が肌に接触することによって、接触した箇所に紅斑丘疹(皮膚の盛り上がり)、水疱などの症状が現れる肌疾患です。
かぶれ」とも呼ばれ、刺激物が接触した場所とそうでない場所との間に、はっきりとした境界が現れます。また、かゆみ痛みを伴うこともあります。

接触性皮膚炎は、さらに刺激性接触皮膚炎アレルギー性接触皮膚炎に分類されます。

刺激性接触皮膚炎は、原因物質に触れると、その部位に時間をおかずに症状が現れる特徴があります。一般的には、原因物質の毒性や刺激が強いほど症状がひどく、熱傷のような大きな水疱ができることもあります。
症状には個人差があり、低刺激をうたった製品を使っても肌トラブルを起こすことがあります

それに対して、皮膚に触れた物質に対して身体の免疫システムが示す反応が、アレルギー性接触皮膚炎です。原因物質に触れてから症状が現れるまで1~2日かかるのが特徴です。
強いかゆみを伴う場合が多く、原因物質が触れた部位を越えて症状が広がります

接触性皮膚炎の原因

刺激性接触皮膚炎の原因となるのは、刺激物や毒性のある物質です。毒性のある植物、虫、刺激の強い石鹸や洗剤などがあります。

アレルギー性接触皮膚炎の原因は人によって異なり、さまざまな物質が原因となり得ます。
一般的なものとしては、植物(漆、銀杏、アロエなど)、金属(銅、銀、クロムなどのアクセサリー)、化粧品、ゴム、外用薬などがあります。

接触性皮膚炎のケア・治療法

肌に湿疹が出たら、原因物質を特定することが予防には効果的です。原因物質を特定することができたら、その物質に触れないように注意しましょう。

皮膚の赤みや湿疹、かゆみなどの症状に対しては、抗炎症作用のあるステロイド外用薬での治療が効果を発揮します。
症状が軽ければ、2~3日で症状は改善します。
ただし、顔や首、陰部などはステロイド外用薬の吸収率が高い部位です。これらの部位には、用法・用量を確認して使用するようにしましょう。

原因物質の毒性や刺激が強いと、重い症状が現れることがあります。そのような場合は、医療機関を受診して適切な治療を受けることをお勧めします。

まとめ

  • 刺激となる物質が肌に接触することによって、かゆみや痛みを伴うことも。
  • 抗炎症作用のあるステロイド外用薬が有効。
  • 症状があまりに酷い時は医療機関で治療を。
手汗LP誘導画像

SNSでもご購読できます。

最新記事