汗はアトピー肌をサポートしてくれる!?

%e6%b1%97%e3%82%a2%e3%83%88%e3%83%94%e3%83%bc

汗をかくと肌にしみるので、なるべく汗をかかないように生活しているアトピーの人は多いのではないでしょうか?ところが、こうした習慣はアトピー肌にとっては逆効果で、場合によってはアトピー肌を悪化させてしまうことも。

アトピー肌の人も適切に汗をかくことが、症状の改善には大切なのです。

汗がアトピー肌をサポート?

暑いときに人はどうして汗をかくのでしょう。べたべたして服も濡れてしまい、においも気になる汗を、煩わしく感じる人も多いのではないでしょうか。ところが汗をかくことは体にとって、とても重要なことなのです。汗には下記のような働きがあり、体の健康状態を保つために必要不可欠なものなのです。

水分量の保持

汗には角質層に水分を補給し、潤いを与える働きがあります。その結果、肌のバリア機能が強化されるのです。このように、汗には水分が不足したアトピー肌を潤す効果があります。

体温調節

汗には、蒸発するときの気化熱によって皮膚表面の熱を奪うことで、体温を下げる作用があります。体温が37度になると、皮膚に最もかゆみを感じやすいといわれています。汗には、体温を下げることで、かゆみを抑える効果も期待できます。

抗菌成分の供給

汗に含まれている免疫グロブリンや抗菌ペプチドは、肌バリア機能が低下したアトピー肌を、外部の刺激から守ってくれます。

このように、汗にはアトピー肌にもうれしい数多くの効果を発揮します。

アトピーの方は発汗量が少ない

皮膚のバリア機能が破壊されたアトピー肌の人は、汗を分泌する機能が低下しているため、発汗量が少ないといわれています。またアトピーの人は、汗を制御する自律神経にも問題があると考えられています。したがって、角質層の水分や肌に潤いを与えるセラミド成分が不足した状態になり、肌のバリア機能も低下してしまいます。その結果、アトピー肌がますます悪化する悪循環に陥ることも。

アトピーの人が汗をかく最適な方法

ではアトピーの人がうまく汗をかくには、どうしたら良いでしょう。そのポイントは入浴と運動の2つ。これらの習慣を普段の生活の中に取り入れるだけの、ごく簡単な方法です。

ゆっくり入浴でケア

アトピーの人は、汗をかかないようにシャワーだけで済ませてしまう人も多いのではないでしょうか。ところが、シャワーを浴びるだけだと肌の水分がすぐに蒸発してしまい、かえって肌が乾燥してしまうこともあります。肌に水分を補給して肌バリア機能を高めるには、湯船にゆっくりつかって汗をかくことが重要です。

入浴してリラックスすると、自律神経のバランスを整えることもできます。体を洗う際は、必要以上に肌を擦らないように注意しましょう。また、入浴後の肌ケアも大切です。保湿クリームを塗って肌が乾燥しないようにしてください。

軽い運動で汗をかく

上手に汗をかけるようになるためには、軽い運動も効果的です。継続することが大事なので、初めから頑張りすぎないよう注意しましょう。通勤の際、1つ手前の駅で電車を降りるなど、歩く距離を少し伸ばしてみるのは、通勤のついでにできるので無理なく続けることができます。

体を動かすことでストレスの発散もできるようになれば、自律神経の働きを高める効果も期待でき、発汗機能がより高まることにつながります。

汗をかく習慣が、アトピー克服へとつながる

ご紹介したように、汗には体を守るための大切な働きがあります。汗をかくことを避けていたアトピーの人は、普段から汗をかく習慣をつけることでアトピー肌の症状を改善することができます。汗を上手にかくことで、肌に良い環境を整えてあげるように心がけましょう。

まとめ

  • 汗をかくことで、潤いや体温調整、外部からの刺激から守っている。
  • ゆっくりした入浴と軽い運動で、アトピーで低下している発汗量や自律神経の問題を改善。
  • 汗はアトピー肌の味方。普段から汗をかく習慣を。
手汗LP誘導画像

SNSでもご購読できます。

最新記事