間違えてない?赤ちゃんの寝汗対策方法!家庭にあるものを一工夫するだけで簡単対策

寝汗赤ちゃん画像

赤ちゃんは大人より汗をかく分、その汗の量に親は心配してしまうものですよね。

新陳代謝が活発で、体温調節機能がまだ未熟な赤ちゃんにとって、汗をたくさんかくということは生きるために大切なことなのです。

今回は、赤ちゃんが大量に寝汗をかいてしまう原因と対策についてお話したいと思います。

赤ちゃんの寝汗の原因

大人と同じように、赤ちゃんも寝ているときは起きているときに比べ体温が下がっています。

眠っている時は、起きている時より体温を低く保つように脳が身体に指令を出します。その為、汗をかいて熱を放出しようとするのです。

特に、眠った直後には多くの汗をかき、大人の場合でも一晩でコップ1杯分の汗をかくといわれています。

新陳代謝が活発な赤ちゃんは、ミルクなどを飲みながら寝ると、パジャマや肌着までびっしょりと汗をかいてしまうんですね。

汗をかくことで、身体のバランスを保っているということですが、部分的に大量の汗をかいた後で放置してしまうと、あせもになってしまう可能性もあります。

しっかりと対策やケアを行うよう心がけましょう。

赤ちゃんの寝汗対策

寝汗を放置すると、風邪を引いてしまったり、あせもを引き起こしてしまうなどトラブルの原因となります。

こまめに汗を拭いてあげたり、時には着替えさせてあげることも必要ですが、それ以外にできる対策方法をご紹介したいと思います。

ベッドに一工夫

シーツはバスタオル、枕はフェイスタオルを二つ折りにしたものに置き換えるなどして、タオルで汗の吸水性を高めることはとても効果的です。

綿や麻など、天然素材でできた吸水性のよいものを選ぶようにしましょう。

衣類にこだわる

暑い夏場は、赤ちゃんにもノースリーブを着せてしまいがちになっているのではないでしょうか?

しかし、ノースリーブだと脇の汗を吸いにくくなってしまうため、汗が皮膚に対して刺激となり、これが原因で接触性皮膚炎になりやすくなります。

暑くても袖がある衣服を選んであげるようにし、寝るときはお腹が出ないようにスリーパーやタオルでお腹を守ってあげましょう。赤ちゃんはお腹も壊しやすいので、下痢を防ぐためにも、お腹をあたためることを心掛けましょう。薄手の綿素材のベストは重宝するのでオススメです。

寒い冬場に、赤ちゃんのためを思って布団をかけてあげても、赤ちゃんがすぐ蹴り飛ばしてしまうなんてことを経験された方も多いのではないでしょうか?

赤ちゃんは大人よりも体温が高いので、親が思っているほど寒さを感じていない場合があります。しかし、暑くて汗をかいてしまった後で布団をはいでしまえば当然風邪を引いてしまいますよね?

こうしたことを防ぐためにも、衣服は薄目にして、冬場は掛布団やエアコンで室温を調整してあげることを心掛けましょう。

綿の肌着×パジャマなど、2枚程度着せるくらいがオススメです。赤ちゃんは足の裏でも体温を調節しているので、触れてみて温かければ大丈夫です。寝る時は靴下などはなるべく履かせないようにしましょう。

授乳時にガーゼ

 

赤ちゃんは頭から首にかけて汗をかきやすく、お母さんに抱っこされるだけでも汗をかいてしまいます。

そんなときの一工夫として、赤ちゃんの頭とママの腕の間にタオルやガーゼをひくことがオススメです。

このガーゼが、後頭部から首の後ろの汗を吸い取る役割を果たします。

授乳前には、汗取り用としてガーゼを背中に1枚入れておき、寝かしつけた後にそっと抜いてあげると、着替えさせる手間も省けますし、赤ちゃんにとってもお母さんにとっても有効的ですよ。

保冷剤の活用

赤ちゃんが暑すぎて眠りから覚めてしまう時は、保冷剤で汗を拭いてあげると体温も下がってよいでしょう。ただし、使うときは冷凍庫ではなく、冷蔵庫で冷やすように気をつけてください。

直接肌にあてると刺激が強いので、ガーゼや薄いタオルなどで包み、ポンポンと軽く押さえるイメージで汗を拭いてあげましょう。

夏場の外出時には、保冷剤がすぐに溶けてしまうので、冷凍のまま持ち歩いても良いですが、ガーゼやタオルで包むことは忘れないよう気をつけましょう。

手汗LP誘導画像

SNSでもご購読できます。

最新記事