パウダーでも大丈夫!汗に強いファンデーション~パウダーファンデーション編~

汗に強いファンデーション

化粧をする上では欠かせないファンデーション。

ですがファンデーションと一言で言ってもたくさん種類があって汗に強いのは?と言われても困ってしまいますよね。

今回はパウダータイプのファンデーションの利点をお話しします。

汗に強いパウダーを選びたいなら「ミネラルファンデ」がおすすめ!

今パウダーファンデーション業界で人気急上昇なのが「ミネラル」ファンデーションというカテゴリーです。

肌への密着度が高いのに肌に優しいものが多いということで、パウダーでは汗に崩れやすい…と嘆いているパウダーファンデーションファンを惹きつけています。

きちんと使い方を間違えないようにするだけでミネラルのパウダーファンデーションは汗に強い「夏に強い」ファンデーションになってくれるのです。

ミネラルファンデってどんなもの?

さて、人気急上昇のミネラルファンデですが、まだまだ種類はすごく多いわけではありません。

さらに純粋にミネラルの配合で作られてるファンデがある一方で、化学成分を多く含むファンデーションがあることも事実です。

化学成分が入っていることが全て悪いわけではありませんが、ミネラルファンデを選ぼうとする人は「ミネラルファンデは肌への負担が少ない」という部分に期待する人が多いので、成分には注意をして選ぶことをおすすめします。

汗に強いファンデーション

ミネラルファンデというのは多くのものが天然の鉱物を使用し、一般的なファンデーションに配合されている界面活性剤やシリコン、油剤が含まれていないのが通常です。

こうしたことから、化粧品で肌荒れを起こしやすい敏感肌の人にも向いていると言われています。

化粧崩れを起こしにくいパウダーファンデの使い方とは?

ミネラルのパウダーファンデを使う時は「パフ」か「ブラシ」を使うのがほとんど。この2つの正しい使い方と一緒に、ミネラルファンデの正しい塗り方をご紹介します。

パフを使う場合

ミネラルファンデを使う際に、容器の穴からパウダーが出てくるのでその部分にパフをしっかり当てておき、パフ全体にパウダーが行き渡るようにもみ込みます。

汗に強いファンデーション

塗る方向は顔の内側から外側に向かって。力を入れ過ぎないように軽く滑らせましょう。

最後はフェイスラインをぼかして終了です。

ブラシを使う場合

米粒大を目安にパウダーを出します(容器の蓋や清潔な容器を使ってくださいね)。

そしてしっかりとブラシにパウダーを馴染ませたら、ティッシュなどを使って余分なパウダーを落とします。

汗に強いファンデーション

そして、顔に押し付けるようにしてブラシを乗せ、内側から外側に向かって「クルクル」と細かく回すようにブラシを動かします。

最後にフェイスラインをぼやかしてOK。

ミネラルのパウダーファンデを効果的に使うには?

ミネラルファンデを効果的に使用するには、保湿が何より大切

余計な油分や化学合成物質を含まないので、洗顔などでも落としやすいミネラルファンデは、その分正しく使用しなければ剥がれ落ちやすくなることもあります。

ですから、肌の状態は保湿をしっかりして、ミネラルファンデが密着しやすい状態に保つのが大切

また、保湿は十分にしても、ミネラルファンデを使用する時に顔に水滴があるとファンデが崩れてしまうので、汗の影響でミネラルファンデが落ちやすい!という人は、ファンデーションを落ちにくくするためにも制汗にも気を配り、汗を吸収するベース化粧品を選ぶのも1つの方法です。

まとめ

  • ミネラルファンデーションは肌への密着度が高く肌にもやさしい
  • 化粧品で肌荒れを起こしやすい敏感肌の人に向いている
  • ミネラルファンデを使用するうえで大切なのは肌の保湿
手汗LP誘導画像

SNSでもご購読できます。

最新記事