顔面多汗症の薬!副作用の強さを知らないとキケン!

顔面多汗症薬画像

顔面多汗症は、顔に大量の汗をかいてしまいますから、女性の場合はメイク直しを頻繁に行う必要があり、不便さを感じることになってしまいます。

今回はそんな人のために、薬で治療できる方法を紹介したいと思います。

神経遮断薬ってなに?

専門クリニックでは、神経遮断薬の処方を行っています。

顔面多汗症は、専門クリニックに通院をすると神経遮断薬を処方してもらえる場合があります。

神経遮断薬は腺分泌(消化液、唾液等)を止めるための薬で、潰瘍治療薬などがあります。これによって発汗も止めることが出来るため、多汗症に用いられることがあります。
潰瘍治療薬にとっては、汗が止まることは副作用の1つであり、これを汗を止めるために使用することは、本来の目的とは違う使用ということになります。

神経遮断薬は全身に作用するため、局所多汗症に限らず全身性多汗や代償性発汗に対しても働きます。
多汗症の治療薬として認可されている神経遮断薬はプロ・バンサインのみです。
神経遮断薬は、口渇、眠気、胃腸障害、便秘、調節麻痺性視力障害などの副作用が強いため、使用には十分な注意が必要です。
他の神経遮断薬はむろん、プロ・バンサインも使用に否定的な医師が多いです。

交感神経の伝達物質はふつうノルアドレナリンですが、汗腺に向かう交感神経、つまり発汗神経の伝達物質はアセチルコリンであるため、神経遮断薬としては主に抗コリン薬が使用されます。

これによりアセチルコリンの働きがブロックされ、汗を減らしたり止めることができます。アセチルコリンはふつう副交感神経の末端から出る伝達物質なので、抗コリン薬は副交感神経遮断薬に分類されます。

抗コリン薬は現在、副作用の強いものから弱いものへと改良されてきています。汗を止めるのは抗コリン薬の副作用ですから、新しい薬ほど制汗作用は弱くなっているということになります。

引用元:多汗症治療ガイド

 

プロバンサインは唯一神経遮断薬として認可は受けているものの、副作用の強さもあるため必ず医師と相談の上処方するようにしましょう。

また、副交感神経遮断薬の抗コリン約は差副作用が弱くなってきているとは言われているものの、体のだるさを感じて、生活に支障が出る場合は、すぐに医師に相談したほうが良いでしょう。

精神的、心理的な顔汗は抗不安薬も有効

顔面多汗症は遺伝的な要因もありますが、緊張しやすく、真面目で神経質な性格の人は、普段から過度なストレスを溜めないように工夫する必要があります。

そこで有効なのが抗不安薬(精神安定剤)です。

抗不安薬にはデパスというものがあり、吉冨製薬が販売しているものが有名です。

デパス画像

デパス

デパスは交感神経に作用することで精神的・心理的にリラックスすることができます。

即効性が高いとされており、服用後に15分から30分ほどで効果を実感できる人もいるようです。また、効果は4~6時間は持続するといわれています。

精神科や心療内科にいけば処方されることが多いため、医師に相談すればすぐに手に入るでしょう。最近ではネット通販でも購入することが可能となっています。

しかしながら、こちらは個人輸入となりますので心配な点が多い場合は医師に相談し活用されるほうがよいでしょう。

まとめ

  • 神経遮断薬として認可されているものはプロ・バンサインのみだが否定的な意見も多い
  • 一般的には抗コリン薬が用いられる
  • 抗不安薬(精神安定剤)も有効であるが、医師の診断の上処方するようにすることが大事

 

手汗LP誘導画像

SNSでもご購読できます。

最新記事