それ、味覚性発汗ではなく多汗症かも?原因や治療方法をご紹介!

味覚性発汗画像

暑い時に汗をかく……これは人間誰にもあることなので、特に気にする人はいませんね。

暑い時に汗をかくというのは、上がり過ぎた体温を平温にするため=体を正常に維持するための「体の防御機能」なので、誰も不思議に思うことがないのです。周りの気温が高くて体温が上がる時はもちろん、運動をしたことで体温が上がった時も、汗をかくことで私たちの体は正常な体温を維持しようとします。

これは食事をしている時も同様で、食事と言うのは体温が上がる行為なので、特に辛い物や酸味の強いものを食べると、鼻や額に汗をかくというのはよくあることです。

ただ、通常の範囲内なら食事による発汗は「味覚性発汗」という程度で済むのですが、人によっては食事中の発汗が多いことで悩みを抱く人もいます。今回はそうした食事中に多くの汗をかいてしまう「味覚性多汗症」についてご紹介します。

どんな症状がでるの?

冒頭でもお伝えしたように、食事中に汗をかくのは誰しもあることなので、「味覚性発汗」程度であれば、特に悩む必要はありません。

しかし「味覚性多汗症」の人は、味覚神経への刺激が通常の人よりも大きく働くため、特に辛いものだとか酸味の強いものを食べているわけでもないのに、異常なほど多くの汗をかいてしまいます。

人によっては通常の食事をしているのに、そのたびに大量の汗をかくために「誰かと食事をすること」にひどく消極的になることも少なくありません。

汗をかく部位としては、一般的な部分としては鼻や額だけでなく、腋下や背中など通常の人では食事だけで汗をかかないような部位にも汗をかいてしまい、そのことが原因でより「誰かと食事をすること」に消極的になる場合もあります。少数ですが、毎回の食事で全身から大量に汗をかくということもあります。

味覚性多汗症の原因は何?治療法はある?

それでは味覚製多汗症の原因や治療の方法についてお話したいと思います。

原因は?

味覚性多汗症の原因について「明確」なものは未だにわかっていません。ただし、味覚性発汗と精神性発汗が相乗して起こっているということは推定されています。

例えば、いつしかの食事の際に他人よりも多くの汗をかいてしまい、そのことを誰かから指摘されたとします。

この指摘により恥ずかしい思いを抱くと、「次の食事でもたくさんの汗をかいたらどうしよう」とプレッシャーを感じてしまい、精神的な負担から食事をすると汗をかく……というサイクルが生まれてしまうというものです。

治療法は?

味覚性多汗症は、精神的な発汗と相乗するということから、治療にはただ食事時の発汗を抑えるということだけでなく、精神的な方面からのアプローチも必要になります。

食事の時に心に浮かぶ恐怖心や不安を克服するために、心療内科やカウンセリングでメンタル面からの治療も施すということです。

物理的な治療として汗腺を減らすような皮膚科や美容外科での治療と一緒に、心療内科なども受診すると、治療の効果が上がりやすくなります。

手汗LP誘導画像

SNSでもご購読できます。

最新記事