汗疱の原因解明!○○不足は汗疱のもと!

汗疱の原因とは1

汗疱は春や夏などの暖かく、湿度の高い時期によく見られる皮膚疾患のひとつです。

足の裏や掌、指の側面などの面積の狭い部分に、1mmから2mm程度の大きさの水疱が多く見られる病気です。

汗疱は春や夏などの湿度の高い時期に多い皮膚疾患

軽度の場合は痒みを伴わない場合もありますが、水疱が破れると湿疹になってしまい、強い痒みや痛みなどの症状が出てきます。汗疱原因はまだ不明な部分も多いですが、高温多湿の時期によく見られるため、発汗もひとつの要因になっています。

外出をする時は、吸汗性の素材のハンカチを持参するようにして、汗をかいたらこまめに拭き取るようにしましょう!

また不安や緊張などの精神的なストレスを受けると、交感神経の働きが活発化してしまい、自律神経失調症などの病気に罹りやすくなります。

自律神経失調症の持病のある人は、ホルモンバランスが乱れやすく、睡眠も浅くなりがちなので、日頃から充分な休息を取るようにしましょう。

その他にも女性の場合は美しい体型を維持するために、ダイエットをしている人が少なくなく、一方で男性は仕事で忙しく、食生活が偏りがちな方も多いのではないでしょうか。ビタミンB群の一種であるビオチンが欠乏すると、皮膚の形成がうまくいかなくなり、水疱や湿疹ができやすくなります。

普段の生活ではレバーや玄米、納豆、牛肉やうなぎ、緑黄色野菜などをバランスよく食べるようにしましょう。

汗疱は水虫とは違って菌は発生せず、人には感染しない

汗疱は痒みや痛みなどの症状がありますから、水虫と間違われやすい病気です。

水虫は白癬菌というカビの一種が原因の病気ですが、汗疱は水虫とは違ってカビや菌が原因の病気ではありません。皮膚科では、水虫かどうか診断をするために検査を行いますが、この病気の場合は菌は検出されません。

水虫とは異なり、人に感染することはありませんが、悪化すると治癒するのに長期間掛かるケースもあります。軽症の場合は、2、3週間を経過すると水疱がかさぶた状になって、自然に剥がれ落ちます。

無理には剥かずに、ステロイドの塗り薬を塗っておくようにしたり、尿素配合クリームなどで保湿をしておくと良いでしょう。

皮膚科では、ステロイド剤の外用薬やサリチル酸による治療が中心になっており、しばらくの間は根気よく続けて下さい。

食物、金属アレルギーやビオチンが欠乏すると汗疱になりやすい?!

汗疱の原因は、食物や金属のアレルギーの可能性がありますから、疑われる場合はアレルギーの検査が受けられます皮膚科では、痒みを抑えるために抗ヒスタミンによる治療を行っているため、痒みが強い場合は医師に相談して下さい。

ビオチンが欠乏すると、お肌のターンオーバーが遅くなってしまい、角質層からアレルゲンが侵入しやすくなって、肌荒れの原因になります。
皮膚科によってはビオチン治療を行っており、治療を受けることで辛い症状が改善した人がたくさんいます。

喫煙や飲酒の習慣があると、悪化しやすい病気です。

汗疱は高温多湿の環境にいると、悪化がしやすいですから、蒸し暑い時はエアコンを使用したり、除湿機などを使用して部屋の湿度を一定に保つようにしましょう。

喫煙や飲酒の習慣のある人は、人体に必要なビタミンB群を大量に消費してしまうため、なるべく控えるようにして下さい。仕事で帰宅が遅くなる人が多く、ついつい夜更かしをしてしまいますが、睡眠不足はお肌には良くないので、早めに就寝をする習慣を付けましょう。

肌に直接触れる手袋や靴下などは、通気性や吸汗性に優れた商品を選ぶようにして、汗をかいた時はこまめに拭き取るようにしましょう。

腸内の環境が悪くなって、悪玉菌が増殖すると痒みが強くなったり、悪化して湿疹になってしまうので、乳酸菌を豊富に含んでいる食品やサプリメントで補うようにして下さい。

便秘気味の人は、食物繊維を多く含んでいる食品を食べるようにしたり、同じ時間にトイレに行く習慣を身に付けましょう。

まとめ

  • 春や夏などの暖かく湿度の高い時期見られる皮膚疾患
  • 発汗やホルモンバランスの乱れ、食物や金属アレルギーの可能性もある
  • 喫煙や飲酒の習慣によりビタミンB群ビオチンの欠乏し肌形成が遅れる事が要因ともいわれる
  • 水虫とは異なり、感染はしない

手汗LP誘導画像

手汗LP誘導画像

SNSでもご購読できます。

最新記事