手や足に白いぶつぶつ。水虫じゃなくて、それは汗疱(かんぽう)かも!

汗疱画像

手のひらや指先、足の裏に見慣れない白いぶつぶつが出来てしまうという方はいませんか?

特に夏場になるとそのケースが増えるなんてことも。

特にかゆみ等がないけれど、一見水虫のようにも思えて不安になってしまう方も少なくありません。

中には指の側面に多く出来てくっつきあって大豆ほどの大きさになってしまったり、周囲に甘いポツポツが出来てかゆみを伴うケースもあります。

白いぶつぶつ。それは汗疱(かんぽう)かも!?

このように手のひらや足の裏、指などに透明な小さな水泡が現れる症状を汗疱と呼びます。

汗疱画像

この湿疹は水虫とよく間違われがちですが、ウイルスや細菌が原因ではなく、水虫とは全く別の発疹であることがわかっています。

はじめは小さかった水泡が徐々に大きくなってしまったり、かゆみを伴うこともあるので困った症状です。

通常は水泡は2週間から3週間で硬い角質となり、代謝されて剥がれ落ちていきますので、特に治療をしなくても治る症状です。

汗疱ができる原因とは

こうした発疹ができるのは主に夏場が多く、特に汗をかきやすい方に多く見られます。

そのため汗に関連した原因で起こると考えられていますが、実ははっきりとした原因が分かっていません。

人は暑いと汗をかいてその汗が揮発することで体温を下げますが、この症状では手のひらや足の裏にかいた汗が、体の外に出ることなく皮膚の内側に溜まってしまうため、水泡ができると考えられています。

なぜ体外に汗が排出されないのかということはまだ分かっていません。

汗以外の原因としてはアレルギー体質で、食べ物に対するアレルギーがある方や歯科の詰め物の金属などに反応して湿疹が出てしまう方もいるようですが、こちらもはっきりとした原因究明がなされていません。さらに症状が進むと、痒みや痛みを伴います。

汗疱の診断とはどのようにするか

この湿疹の診断をする上で最も重要なことは、水虫と見分けることです。

水虫の場合は殺菌して治療をします。病院では、まずは白癬菌かどうかを調べます。

白癬菌はカビの一種で爪や足の指に感染して増えていきます。

水虫は湿度を好み、強いかゆみを生じさせるので大変つらい症状ですが、汗疱の場合は見た目は白い発疹で似ているのですが、通常水虫のような強いかゆみはありません。

白癬菌のようにカビや菌が原因ではなく、自分の体から出た汗が皮膚の内側に溜まってしまったことにより発症する症状ですので、治療も全く異なります。

汗疱の治療の特徴とは

汗疱にかかってしまった場合には、かゆみも伴わないため通常そのままにしておくことが多いのですが、水泡が大きくなり破けて、皮膚がめくれてしまった場合には治療を行います。

その治療法はあまり多くありませんが、現在はステロイド外用薬を用います。

ステロイドは炎症を抑える効果が高く、かゆみを止めると同時に炎症も抑えてくれる大変効果的な外用薬です。外用薬ではサリチル酸を使うこともあります。

また、アレルギー疾患が原因でこうした発疹が出ていると思われる場合には、抗アレルギー剤や抗ヒスタミン剤などを用いた治療も行われます。

こうした外用薬ステロイドやサリチル酸などの外用薬と、抗アレルギー剤、抗ヒスタミン剤などの内服薬を用いて、つらい症状や炎症を抑える治療を受けることができます。

水泡が破れて皮膚が角質化してしまった状態には、皮膚を柔らかくして新陳代謝を高めるために尿素配合のクリームが処方されることもあります。

尿素は肌に優しく、角質のみに働きかけて柔らかくする作用があるため、大変効果的に治療ができます。

もともとこの症状は汗をかくことが原因ですので、症状が悪化する前にできる予防策として手や足の裏に汗をかいたらこまめに拭き取る、手や足をこまめに洗うといったことが大切です。

夏場など汗疱ができやすい方は水仕事を控えるなどして予防し、水泡ができたら皮膚を破らないように注意しましょう。

まとめ

  • 汗疱とは、手や足などに透明な小さな水泡があらわれる症状をさす
  • 明確な原因究明はされていないが、症状が進むと痒みや痛みを伴う
  • 水虫とは違い、通常強い痒みがないことが特徴
  • ステロイド外用薬やその他の外用薬にて治療を行う
  • 予防策として、手や足裏は汗をかいたらこまめに洗うなど清潔さを保つようにしましょう

 
手汗LP誘導画像
 

手汗LP誘導画像

SNSでもご購読できます。

最新記事