汗疱に効果的な薬は知りたい!

汗疱 薬

手足に水ぶくれができてしまい痒くてしょうがない、あるいは痛みが強くて一刻も早く治したい、そんな汗疱に効果的な薬があれば知りたいですよね。

まずはあなたに起こっている湿疹が汗疱によるものなのか、汗疱に効果的な薬はあるのかについて解説していきます。

汗疱とは?

汗疱とは、手や足に小さな水ぶくれができてしまい、激しい痒みや痛みを引き起こす疾患の一つです。かゆいからと言って出来た水ぶくれをかいてしまい潰してしまうと、その水ぶくれから汁がでてきてしまい、それがまた湿疹につながってしまうので汗疱になってしまうと治す事が難しい疾患です。

この汗疱になってしまう原因は実は解明されていないのです。ただし、汗をかきやすい人がなりやすいという事と、汗腺に汗が溜まってしまう事で引き起こされるから汗が関連しているという事が言われています。その他にもストレスや喫煙、金属アレルギーの方がなりやすいと言われています。

汗疱のかゆみに効くステロイド外用薬

汗疱のために皮膚科で受診するともらえる薬が、ステロイドが配合された薬です。このステロイドと呼ばれる薬は炎症を抑える速効性のある薬とされており、塗ることで痛みやかゆみを抑え、汗疱の症状改善ができます。

ですが注意していただきたいのが、ステロイド剤も強弱があり、効果が薄れてきた時にまた汗疱が再発してしまい、またステロイド剤を塗って治っての繰り返しになることがあります。なので使う薬に関してはきちんと説明を読むこと、医師からもらう場合は説明してもらうことをオススメします。

市販されている薬ではアンテドラッグと呼ばれる副作用の心配がないステロイド外用薬があります。もし副作用が気になる方がいればアンテドラッグに分類されている市販薬を選ぶようにしましょう。

汗疱で皮膚が剥がれた時の尿素含有軟膏

汗疱が治りかけている時の症状で皮膚が剥がれてしまう時があります。その時に重要なのが保湿です。保湿を上手くしないとまた汗疱ができやすい環境になってしまうため、軟膏も保湿に特化した尿素含有軟膏を使用してください。

尿素は保湿にとても優れている成分で、肌に元々含まれている成分であることから保湿の際には尿素が配合する薬が好まれています。

ただ注意してほしいのが、汗疱のできはじめで激しい痛みや痒みを伴っているときにこの尿素含有軟膏を塗っても速効性はなく、あくまで保湿に優れているのですぐに炎症を抑えたい場合にはステロイド薬を塗る方が早く収まります。尿素含有軟膏の市販薬として有名なのはケラチナミンやウレパール、パスタロンです。

症状によって適した薬、用法用量を守れば早く緩和させることが可能です。間違った使い方をすることでその逆の場合もあるということを念頭にいれていただき、使用して下さい。もし不安なのであれば一度医師への診察や相談をすることで安心するかと思います。汗疱は厄介な疾患なので早めに治していきましょう。

まとめ

  • 汗疱のために皮膚科で受診するともらえる薬が、炎症を抑える速効性のあるステロイドが配合された薬。
  • 市販薬ではアンテドラッグ。副作用の心配がないステロイド外用薬がある。
  • 手の保湿に特化した尿素含有軟膏でのケアもオススメ。
手汗LP誘導画像

SNSでもご購読できます。

最新記事