汗疱は汗を掻きにくい【冬】にもなるの?セルフケアと治療方法!

汗疱 冬

夏場の汗をかきやすい季節で悩まされるのが、手のひらや指、足に小さな水ぶくれが出来てしまい、痛みが生じたり、かゆみがひどくなってしまい掻きむしってしまうといった事です。
この小さな水ぶくれは汗疱と呼ばれ、詳しく解明されていない疾患の一つなのです。
そんな汗疱も一番なりやすい時期が春から夏にかけてと言われていますが、実は冬でも注意をしないと汗疱になってしまうの中には冬だけ汗疱が出来てしまう人もいたりします。
では汗をかきにくい冬の季節なのに何故手や足に汗疱ができてしまうのでしょうか。

汗をかかない【冬】にも汗疱になるの?その原因は?

外の気温が低いため汗をかきにくいかと思われがちなのですが、実は冬でも汗を多量にかきます。
特にワキや手足が多いと言われているのですが、これは寒い外から暖かい室内へ移動した時にかきやすくなります。
厚着をしているため急に暖かくなると体温調節をしようと自律神経が活性化してしまい、汗をかいてしまいます。
その汗が汗疱の原因になるのです。

加えて冬は乾燥の季節の為、手足が乾燥してしまうと汗疱の治りが遅くなります。
なので汗疱に一度なってしまうと一番治りにくい季節が冬なのです。

>>>もっと詳しく汗疱の原因について知りたい方はこちら

 

【冬】にできた手足の汗疱!予防とセルフケア方法

冬場に汗をかかないためには、寒暖差を減らせればよいのですが、普段の生活の中では難しいです。
その中で出来るセルフケアを教えます。

汗をかいたらすぐに拭き取る、という事を癖付ける
手は乾燥しやすいため保湿をしっかり

あたり前のような事かもしれませんが、冬の汗疱には保湿することが一番汗疱予防やケアになるのです。
保湿のためのハンドクリームや、洗剤を扱うときは手袋をして、手の皮脂や角質を落とさないように過ごしましょう。

あとは、冬になると保温性に優れた靴を履くために靴の中がとても蒸れやすくなってしまいます。
そうなると少しの汗でも靴の中は湿気がとても高くなります。
可能な限り定期的に靴や足を乾燥させるために脱いで、少しでも素足になる時間を作りましょう。

>>>もっと詳しく汗疱の予防方法とセルフケアについて知りたい方はこちら

 

【冬】の汗疱。病院での治療方法は?

病院でももちろん診察をして治療を受けることができます。
汗疱の場合は皮膚科に行けば処方してもらえます。
治療といっても手術をするわけではなく、ステロイドが含まれた軟膏か、尿素が含まれた軟膏を処方されるかと思います。

【ステロイド】
 炎症を抑える薬に使われるため即効性に優れてます。
ひどく痒みを帯びていたり痛みが生じている時にはこちらを処方してくれます。

【尿素含有軟膏】
保湿に優れた軟膏
なので、汗疱が収まってきた時に再発しないために処方してくれます。
なのでまずは患部を見て、どのような薬が必要かを医師に判断してもらいましょう。

冬だからといって汗疱にならないと油断するのではなく、年間を通して気をつけなければいけないという少し面倒な疾患だということはお分かりになりましたでしょうか。
しかし、きちんと対策すれば驚くほど汗疱に悩まされることは無くなるので日頃から気をつけてキレイな手足で生活できるようになりましょう。

>>>もっと詳しく汗疱に効果的な薬について知りたい方はこちら

まとめ

  • 冬は厚着をしているため、寒暖差で汗をかくことがあります。汗をかいたときはすぐに拭き取り汗疱の予防をしましょう。
  • 肌の乾燥は汗疱を治りにくくする要因となります。保湿のためにハンドクリーム、洗剤を扱う際はゴム手袋をして乾燥しないように心がけましょう。
  • 汗疱は病院でも診察し治療を受けることができます。ステロイド軟膏や尿素含有軟膏など、医師に判断してもらい薬を処方してもらいましょう。

 

 

手汗LP誘導画像

SNSでもご購読できます。

最新記事