子どもの汗疱状湿疹の症状と原因・治療法について

汗疱状湿疹 子供

子どもが最近手や足をやたらと痒がる様になり、見てみると小さな水ぶくれがたくさんあり、病気かと思い病院にいくと汗疱状湿疹だと診断され・・・。

子どもだと病気がとても敏感になりがちですよね。大人ではそうでもないことも免疫がまだ無い小さな子どもであれば重症なこともありますので、どんなことでも見逃さないようにしたいところです。

今回は子どもにできる汗疱状湿疹について、なぜ子どもにできてしまうのか原因や治療法も紹介していきます。

子どもの汗疱状湿疹の症状は?

子どもの汗疱状湿疹の症状と大人の汗疱状湿疹の症状というのはそこまで変わりがありません。強いて言うなら子どもは体温が高く代謝も良いため、常に手足が湿っている子が多いです。

そこで汗疱状湿疹になると、皮膚が剥けるくらいにただれてしまったりすることが大人に比べて多いです。

それ以外は大人と変わらず小さな水ぶくれを伴ったかゆみや痛みがあり、その水ぶくれが潰れると湿疹となって現れてきます。

子どもの汗疱状湿疹の原因は?

実は子どもと大人、汗疱状湿疹になりやすいのはどちらかと言うと、子どもの方が多いのです。

というのも汗疱状湿疹は、汗腺から汗を全て出せずに一部残ってしまい、溜まってしまう事で起こる疾患なのですが、子どもは大人よりも思い切り身体を動かし汗をかきます。代謝も良いので汗っかきな子どもが多いはずです。そんな子どもがかいた汗を放置していると、汗が出し切れずに溜まってしまい汗疱状湿疹につながるケースがあります。

そして子どもの皮膚というのは大人よりも弱いため、すぐにかぶれてしまうというデメリットもあるので汗疱状湿疹になりやすいのです。

治療法は?

汗をかいたらすぐに拭き取って清潔でいることが治療の一番大事なことですが、子どもにとってそれは難しいお話です。なので医師の指導のもと薬を塗って改善していくことが良いかと思います。

ここで一つ注意をしてほしいのですが、親御さん自身も汗疱で悩まされた場合に、大人用に処方された軟膏を子どもには絶対に塗らないで下さい

ステロイドが含まれている薬だった場合、ステロイドの強さによって子どもには合わない薬もあります。この辺はやはり医師の判断が必須になってくるので、もし子どもが汗疱状湿疹になってしまった時は、皮膚科で診てもらう事が最善でしょう。

子どもも大人も症状は変わらないのが汗疱状湿疹ですが、一度なってしまうと治すのに1~2週間はかかってしまうかと思います。その間の子どもの動きを制限してしまうのは、子どもにとってとても苦痛かもしれません。きちんと自分がどのような炎症が起きているかを説明して理解してもらうということも大切になってくるかと思います。

正確な知識を身につけ説明して理解してもらうというのも親の努めなので、しっかりとした知識を身につけていきましょう。

まとめ

  • 子どもの汗疱状湿疹の症状は、大人と比べると皮膚が剥けるくらいにただれてしまったりすることが多い。
  • 子どもは大人よりも代謝も良いので汗っかきな子どもが多く、そのまま放置すると汗疱状湿疹につながるケースがある。
  • 子どもが汗疱状湿疹になった時は皮膚科で診てもらうことが最善。

 

手汗LP誘導画像

SNSでもご購読できます。

最新記事