爪にも汗疱(かんぽう)?爪の剥がれや変形の改善方法!

汗疱 爪

汗疱とは、手足に小さなプツプツとした水ぶくれができて、時には大きな豆になり潰れることがあるかゆみと痛みを伴った厄介な疾患です。
主に手のひらや指の側面、足の指の間に現れるのですが、まれに爪に出来てしまう事もあります。
実は汗疱は爪にも出来ることがある恐ろしい疾患なのです。
爪にできてしまうと、爪の根元周辺にできる汗疱が原因で【爪が剥がれたり】【爪が変形したり】、さまざまな症状が発症します。
それでは爪にできてしまう【汗疱】について詳しく説明していきます。

汗疱が爪の中に!?

汗疱が爪に出来てしまうとどうなってしまうのでしょうか?
汗疱は爪自体ではなく、爪の根元である【甘皮】と【爪半月】の部分にダメージを与えます。

●【甘皮】とは、爪の根元の薄い皮
●【爪半月】とは、爪の根元の白い部分。出来たばかりの未完成の爪

甘皮の下は爪母(そうぼ)と言われる組織があり、新しい爪を生成する部分があります。
その部分が汗疱によりダメージを受けると、爪が正常につくられなくなり、何層も爪が生えてきてしまったり、爪が剥がれたり、変形してしまたっりと、見るも無残な姿に変わってしまいます。
ただの湿疹だからとそのまま放置していますと、とても悲惨な状態となってしまうのです。

 

爪が剥がれたり変形する原因は??

汗疱が出来る原因は正確にはまだ解明されていません。
ですが多汗症な人がなりやすいと言う事がわかっており、どうやら汗に関係しているのではないかという調べはついています。
汗腺から汗が上手く排出されずに溜まってしまうと汗疱になるということです。

しかし爪には汗腺はありませんがどういうことなのでしょうか?
爪自体には汗腺はないのですが、爪の根元にある甘皮部分、あるいは甘皮の近くにある皮膚には汗腺があります。
そこから炎症が起こり爪にまでダメージが与えられて起こるのです。
なので爪に汗疱が出来る人は、しばしば深刻な汗疱湿疹患者である事が多いです。

 

爪揉みマッサージでデコボコに変形爪を改善!

ここでは、自分ですぐにできる汗疱改善方法を紹介したいと思います。

【爪を揉むだけの爪揉みマッサージ法】
爪の根本の部分である爪半月と甘皮の部分を少し強めにつまむイメージで揉む
②両手の全ての爪の根本を一本10~20秒程マッサージしてあげると効果的

なぜ爪を揉むだけで改善ができるかというと、実は爪の根本には神経が密集しているため、そこをマッサージすることで血流がよくなるのと、自律神経のバランスが整い上手く発汗作用を行ってくれるようになるので、古くから健康法として爪を揉むことは推奨されているのです。

特に女性の方は爪が荒れてしまうとネイルができなくなってしまい不便かと思います。
普段から汗疱にならないように心がけることで、防ぐ事ができるのもまた汗疱です。
出来始めたらすぐに治せるように爪もみマッサージや手足の保湿を怠らないようにしていきましょう。

まとめ

  • 爪の根元の【甘皮】近くの皮膚の汗腺に炎症が起こり、爪に汗疱ができて爪が剥がれたり変形してしまうのうです。
  • 爪の汗疱の改善方法として、爪を揉むだけの爪揉みマッサージがあります。爪の根元を少し痛い程度につまんであげまげて下さい。
  • 爪の根本には神経が密集しているため、そこをマッサージすることで血流がよくなり自律神経のバランスが整い上手く発汗作用を行ってくれるようになります。
手汗LP誘導画像

SNSでもご購読できます。

最新記事