冷や汗はメニエール病のキケンサイン?治療方法ご紹介

冷や汗メニエール病画像

額から流れ落ちる突然の汗。「ただの冷や汗」と高をくくってしまう人も多いのではないでしょうか。

ところが、ある病気が原因で冷や汗をかくことがあることをご存知ですか?その原因となっている可能性があるのが「メニエール病」という病です。

メニエール病ってどんな病気?

メニエール病は30~50代の人に多い病気です。何の前触れもなく突然起こるグルグル回るめまいが数十分~数時間続くのがこの病気の特徴。想像するだけでも辛そうですよね。
メニエール病にかかると、こうしためまいが繰り返し起こります。几帳面な人に多く発症するケースが多く、ストレスが一因として考えられています。

メニエール病は、めまいは脳が原因で起こると考えられていた時代に、内耳が原因で起こるめまいの存在の可能性を提唱した、メニエール医師にちなんで名付けられたのだそうです。
直接の原因は、内耳が内リンパ水腫を起こして内圧が上がることによります。しかし、なぜ内リンパ水腫を起こすのかといった根本的な原因は分かっていません。

冷や汗の他にはこんな症状が!

メニエール病はめまい以外にも、以下のような症状を伴うこともあるようです。

頭痛

頭が重く圧迫感のある頭痛を感じます。

難聴

難聴は多岐にわたり、発作と同時に起こる難聴、発作が収まった時に起こる難聴、発作を繰り返していくうちに聴力が落ちてしまう難聴など、症状はさまざま。
一般的には低音が聞き取りにくくなるという特徴がありますが、反対に高音が聞き取りにくくなることもあるようです。反響して聞こえてしまうことで、高音が聞き取りづらくなることもあり、子供や女性の高い声を不快に感じることも。

耳鳴り

多くは発作の前にひどい耳鳴りを感じ、発作がおさまると耳鳴りも収まってしまいます。発作を繰り返すうちに、常に耳鳴りがするようになることもあるのだそうです。気圧とも関係があるようです。

治療方法

30~50代の働き盛りの人が発症することの多いメニエール病。代表的な4つの治療法をご紹介します。

バイオプレート治療

「バイオプレート」という特殊なマウスピースを装着、下顎のズレを矯正し正常な位置に戻すことで、めまいや耳鳴りなどの内耳症状を改善する治療法です。
軽度から中程度の症状の患者さん、経過が長く薬で改善しなかった患者さん向きの治療法です。

鍼灸治療

体質改善をすることで、発作の起こりにくい体作りを目的とした治療法。鍼灸によって経絡を刺激することで体内水分の滞りを改善し、自律神経のバランスを整えます。
軽度から中程度で、お薬を併用したい患者さんにオススメの治療法です。

投薬治療

もっとも一般的な治療が、この投薬治療。発作が起こった時に使うのが、抗ヒスタミン剤・吐き気止め・鎮静剤など。発作が治まった後に使う予防薬として、利尿剤・内耳循環改善剤・自律神経調整剤などが処方されます。
軽度から中程度で発症から日が浅い患者さんには、投薬治療が良いでしょう。

手術処置

内科的な処置や生活改善による症状の改善が見られない、重い症状の患者さんへの処置です。内リンパ嚢開放や前庭神経切除を行うのが一般的。

このようにメニエール病には複数の治療法がありますが、症状の程度や過程によって最適な治療法が異なります。メニエール病に悩まされている人は、自分の症状に合った治療法を選択することが重要ですね。

手汗LP誘導画像

SNSでもご購読できます。

最新記事