冷や汗は更年期障害が原因?解決策は○○を整えること

冷や汗更年期障害画像

卵巣機能の低下による卵胞ホルモンの分泌が低下し、自律神経に影響を与えることで生じる更年期障害。多汗に悩まされているアナタ、ひょっとしたら、ただの冷や汗と勘違いしていませんか?もしかしたら、自律神経のバランスの崩れからくる、更年期障害の症状かもしれません。

更年期障害の原因って?

更年期障害は、ホルモンバランスの乱れによって引き起こされる、身体的・精神的不調のことで、閉経が大きく関係しています。日本人は平均して50歳で閉経を迎えると言われていますが、この閉経前後の10年間(45歳~55歳)の時期を更年期と呼んでいます。
卵巣の働きが弱まり閉経を迎える頃に、卵巣から分泌される女性ホルモン(エストロゲン)の量が急に減少することで、ホルモンバランスが保てなくなります。そして、このホルモンバランスの崩れが自律神経に影響することで、更年期障害が引き起こされるのです。
更年期は誰にでも訪れるものですが、その症状は人によってさまざま。症状が全く現れない人もいれば、日常生活に支障をきたすほど、その症状に悩まされる人も。

また、更年期障害は更年期特有のものではなく、実は20代・30代の女性が更年期障害になることもあるんだそうです。

更年期障害の症状って?

更年期障害の症状は、ほてりや動悸などの自律神経失調症状と、情緒が不安定になることやイライラなどの精神神経症状に分けられます。
特に自律神経に関わる症状が顕著に現れるようです。例えば、それほど暑くもないのに体がほてり、のぼせたような状態になったり、逆に異常な寒さを感じたりすることも。
「ほてり」や「のぼせ」の症状を総称して「ホットラッシュ」と言い、閉経後の女性の40%-80%に見られる症状で、中には数年にわたってこのホットラッシュに悩まされる人もいるそうです。ただ、治療が必要なのはそのうち25%程度のようです。
精神に落ち着きをもたらすエストロゲンが減少することで、イライラしたり悲しくなったりと、鬱な感情を抱くことも。うつ病と似た症状が現れることから、複数の診療科を受診する必要がある場合もあります。

ホルモンバランスを整えるために!

更年期障害の症状をやわらげるためには、乱れたホルモンバランスを整えることが重要です。そして、ホルモンバランスを整えるためにとっても重要なのが、食事・睡眠・運動の3つの要素。

バランスのとれた食事

健康な身体づくりにバランスのとれた食事はとっても大切。ホルモンバランスを整える場合にも、このバランスのとれた食事が重要なのです。以下、ホルモンバランスを整えるのに役立つ栄養素をピックアップしてみました。

  • ビタミンE
  • ビタミンC
  • ビタミンB1
  • カルシウム
  • マグネシウム
  • ビタミンB6
  • EPA・DHA
  • イソフラボン

質の良い睡眠

睡眠不足は基礎体温の低下や排卵の抑制、ホルモンバランスの乱れに直結します。良質の睡眠をとることで、ホルモンバランスを整えるように心掛けましょう。

適度な運動

軽いストレッチや運動は、成長ホルモンやテストステロンなど、多くのホルモンの分泌量や応答速度に影響を与え、ホルモンバランスを整えるのに効果的です。

更年期障害の身体に現れる症状は、おもにホルモンバランスの乱れから引き起こされる自律神経失調症の一種。ということは、ホルモンバランスを整えることで自律神経のバランスも整えれば、症状の改善は十分に期待できるということですね。

手汗LP誘導画像

SNSでもご購読できます。

最新記事