鼻汗が出る【5つの原因!】と【3つの対処法!】

鼻汗,止める

辛いものや酸っぱいものを食べた時に顔から汗がでて困ってしまう経験ありませんか?特に鼻の頭や周りから汗がでると、水たまりが出来てしまったり見られるだけでも恥ずかしいですよね。
女性の場合はせっかくしたメイクも崩れてしまうし鼻の黒ずみの原因にもなってしまうのでなんとか抑えたいものです。今回はそんな鼻汗の原因と鼻汗を止める方法について紹介して行きたいと思います。

鼻汗が出る【5つの原因!】

鼻汗が出る原因はいくつかあり、原因によっては深刻な症状である可能性もあるので注意してください。

局所性多汗症

汗を人よりもたくさんかいてしまう症状を多汗症と呼びますが、この多汗症の症状が局所的にでてしまう方がいます。それが鼻にのみ集中していると鼻汗が暑くもないのにでてしまう事に繋がります。

味覚性発汗

辛いものや酸っぱいものを食べると汗が出てしまう現象はこの味覚性発汗によるもので、味覚と痛覚を脳に伝達する際に交感神経を刺激し、発汗を促してしまうために起こる現象です。こちらは生理現象のため避けることはできない発汗作用です。この味覚性発汗が過敏になりすぎる味覚性多汗症という症状もあります。

自律神経の乱れによる発汗

自律神経が乱れてしまうと、交感神経と副交感神経のバランスが崩れ、緊張する場面出ない時でも交感神経が優位になり鼻汗がでてしまうといった事が起こります。
本来交感神経は緊張と活動を司る神経で、リラックスや落ち着く為に副交感神経が働きます。また、交感神経は発汗を促す神経の為、この交感神経が優位になる事で発汗作用も促進されてしまうのです。

更年期による発汗

更年期になると自律神経やホルモンのバランスが乱れがちになってしまうため、鼻汗をかいてしまいやすいです。鼻汗だけでなく顔から汗が出るために何度もメイクをし直したり、それが億劫になり自宅に引きこもってしまうケースもあります。

>>>もっと詳しく【鼻汗の原因と治療法】について知りたい方はこちら

心臓の病気のサインによる発汗

実は鼻は心臓と密接に関係しており、心臓の働きが低下すると鼻から汗が出てしまう事もあります。更年期や自律神経の乱れもない健康に見えた人でも実は心臓に疾患があって鼻から汗がでてくる、何ていうこともあります。一概に心臓とは言えませんが、注意のサインとして知っておくと良いでしょう。

>>>もっと詳しく【鼻汗と心臓の関係】について知りたい方はこちら

鼻汗を止める【3つの方法】教えます!

原因がわかった所で鼻汗が出てしまった場合の対処方をいくつか紹介します。

鼻汗を止めるツボ

大包と呼ばれるツボを押すことで鼻汗を抑えることができます。場所は両脇の下あたりにあって、両手を交差して脇に入れた時の中指から薬指当たりにあります。そこを少し強めに押してあげると汗を抑える事ができます。

メイク方法

鼻は汗腺や毛穴が多く密集しているためメイク方法もしっかりしてあげなければ汗をかきやすくなってしまいます。メイク前には保湿クリームは避け、化粧水とファンデーションは薄めに仕上げるのが鼻汗をかきづらいメイク方法です。

>>>もっと詳しく【鼻汗による毛穴の汚れ】について知りたい方はこちら

冷やして汗を止める

顔全体を冷やすことで汗を止めることができます。ただ、外出先や急ぎの場合なかなか顔を冷やすことはできません。なので首を冷やす事で大きな血管を冷やし、汗を抑えることができます。保冷剤や冷えた缶ジュース等を首元に当てておくだけで汗のかきかたがかなり違いますので試してみて下さい。

しっかりと対策をすることで鼻汗は抑えることができます。しかし、どうしても収まらない方は自分がどのような原因で汗をかいてしまうのかわかるので、病院で診察を受けに行きましょう。

まとめ

  • 鼻汗の原因には【局所性多汗症・味覚性発汗・自律神経の乱れ・更年期】といくつかあります。自分に当てはまる原因を調べ、鼻汗対策をしましょう。
  • 鼻汗の原因の一つに【心臓の病気のサインによる発汗】があります。更年期や自律神経の乱れもないのに鼻汗が出てくるようでしたら、心臓に負担を掛け過ぎない食事や生活習慣を心掛けましょう。
  • 鼻汗を止める方法には【ツボ押し・メイク方法・冷やして汗を止める】などがあります。自分に合った方法を試してみましょう。

 

手汗LP誘導画像

SNSでもご購読できます。

最新記事