皮脂や汗に要注意!夏のお肌の天敵「毛穴汚れ」のケアについて

鼻の毛穴の汚れ

太陽をひしひしと感じられる夏は大きなイベントも目白押しで思わず暑さに負けないくらい元気になっちゃいますよね。

しかし、夏は他の季節よりも毛穴に汚れがたまってしまう時期なんです。

遊び疲れたからといって放置していると大変なことになってしまうかもしれませんよ。

どうして夏は「毛穴汚れ」が目立つようになるの?

乾燥の冬を越え、調子の良かった春を越えると、毎年毛穴の目立つようになる「夏」がやってきます。

梅雨時期などは湿度もあるので、肌の乾燥は防げるはずですが、どうして夏と言うのは毛穴が目立ちやすくなるのでしょうか?その理由は先ほども挙げた「湿度」。そして何よりも「気温の高さ」が関わってきます。

というのも、湿度が高いので乾燥は防ぎやすい夏ですが、一方で紫外線が強くなり肌は「防御」に回ろうとする働きが強くなってきます。

鼻の毛穴の汚れ

肌が自分を防御するためにできることと言うと、皮脂をしっかりと出すことしかないんですよね。

それに、夏は気温の高さから汗をたくさんかきますが、この汗には塩分が含まれているので、防御していない肌のままだと肌はすぐに塩分でボロボロになってしまいます。

こうした肌の防御システムが行き過ぎなほど働くことによって、皮脂がたくさん分泌され、毛穴が押し広げられていくことになるのです。

押し広げられた毛穴には汚れも詰まりやすくなるので、これらのコンボで夏の毛穴は汚れが溜まりやすくもなり、最終的に「目立つ毛穴」へと変化してしまうのですね。

これはNG!毛穴を汚す思わぬ行為とは?

夏のお肌ケアについて、間違った行為で毛穴を目立たせてしまう人は結構たくさんいます。以下に夏に起きやすい間違った行為をご紹介します。

日焼け止めはばっちり!でもクレンジングは?

夏のスキンケアと言えば日焼け止めですが、しっかり対策したUVケアは、しっかり落とさないと毛穴にはダメージが。

日焼け止めを塗っているのにクレンジングを使っていないと毛穴は残った日焼け止めで詰まってしまいます

厚過ぎるベースメイクが落ちていない!

夏は日焼け止めを兼ねたベースメイクをしますが、このベースメイクが厚過ぎると、紫外線対策にはなっても毛穴対策にはなりません。

ベースメイクが厚過ぎるのもNGですが、しっかり塗ったベースメイクを落としきれていないのが何よりNGになります。

メイク落としを「拭き取りシート」だけで終わらせている

夏はイベントも多く、不摂生になりがちですが、その不摂生がたたって「今日はシート洗顔でイイや」を続けていると、毛穴には落としきれない汚れが溜まります

鼻の毛穴の汚れ

どうしてもシート洗顔で終わらせてしまった日は、翌日の朝にきちんとケアをすることをおすすめします。

メイクを落とすために「ゴシゴシ」こすり洗いをしている

シート洗顔の簡単ケアとは逆に、しっかりメイクや日焼け止めを落とそうとゴシゴシ洗う人もいますが、これもNG

ゴシゴシと顔の皮膚をこすると、必要な皮脂まで落ちてしまい、余計に皮脂を分泌させるようになってしまいます。余剰な皮脂の分泌は毛穴が詰まる最大の原因です。

毛穴パックを使い過ぎている

毛穴パックで角栓が取れると気持ちいいですが、実はやりすぎは毛穴をさらに広げるだけ。使いたくても少なくても2週間、できれば1か月の間をおいてから使うようにしましょう。

べたつくから保湿を控えめにしている

夏は肌がべたつくからという理由で保湿を控えめにする人が多くいますが、これは大NG!保湿は季節に問わず大切なスキンケアですので、毛穴の広がりやすい夏こそしっかりケアをしましょう!

鼻の毛穴の汚れ

汚れの蓄積が危ない!毛穴の汚れはしっかり落とそう!

毛穴の詰まりは夏場にはどうしても起こってしまうもの。しかし、きちんとした洗顔やクレンジング、そして保湿を続けていれば夏でも毛穴がすっきりとしていられます。

そのポイントは汚れを蓄積させないことなので、夏の洗顔やクレンジングは面倒でも丁寧に、しっかりとしておくことが何よりも肝心ですよ。

まとめ

  • 夏は肌が自己防衛として皮脂を多く分泌するため毛穴が広がる
  • 日焼け止めや厚いベースメイクは必ず落とすこと
  • 夏でも保湿はしっかりすること
手汗LP誘導画像

SNSでもご購読できます。

最新記事