ボトックス注射が鼻汗対策に!?注射や副作用が怖い人はどうすればいいの?

鼻汗,ボトックス

女性にとっては、メイクも崩れてしまうしなにかと恥ずかしいのが顔汗です。特に鼻に汗をかいていると、自分では気づきにくいですしあまり良い印象は与えないですよね。そこで鼻汗をかかないようにするボトックス注射があるという噂を聞いた事があるのですが、鼻に注射なんて怖い、という方にボトックス注射とはどういうものなのか知っていってもらいたいと思います。

汗を改善するボトックス注射とは?

ボトックス注射とは、ボツリヌス菌が産生する毒素を注射するもので、古くから顔面痙攣に効果があるとして用いられてきました。
今日では顔のしわ・たるみだけでなく顔にかく汗にも効果が期待できるとして多くの医療現場で利用されています。ボトックス注射と言うと、ボツリヌス菌の毒素を打つというイメージが強く敬遠されがちですが、適切な量・使用法を守れば非常に安全で効果が得られるものなのです。

ボトックス注射の効果は?

ボトックス注射は、神経伝達物質であるアセチルコリンに働きかけ、アセチルコリンの作用を弱めます。
アセチルコリンは筋肉収縮や汗をかく際に分泌されるため、このアセチルコリンを抑えることが出来れば汗を止めることができます。
注射を打ってから2~5日後から効果が現れ始め、2ヶ月~半年ほどまで効果が続きます。効果が現れるまでと持続効果が切れるまでは個人差があります。
このボトックス注射は信頼できる医師に施術してもらうことで、注射後の内出血も比較的少なく済みますし、何と言っても施術自体は注射をするのみなので時間もかからずすぐに日常生活へ戻る事ができます。

>>>もっと詳しく【ボトックス注射による手汗対策】について知りたい方はこちら

注射に頼らない鼻汗対策とは

どうしても注射に抵抗がある人や、鼻汗に対して費用がかからない対策からしていきたいという人もいます。そんな方に自分自身で出来る対策を紹介していきたいと思います。

首元の大きな血管を冷やす

鼻汗が出ないようにするには、大きな血管を冷やすことで血液が冷やされ汗を抑えることができます。首元には大きな血管が通っているので、保冷剤や冷えたジュース缶、氷などを当てましょう。

汗を抑えるツボを押す

大包(だいほう)と呼ばれるツボは、汗を抑えることができます。場所は両脇に手を入れたときの中指から薬指あたりに位置します。この部分を強めに押してあげると汗を止めることができます。

>>>もっと詳しく【鼻汗の原因と対処法】について知りたい方はこちら

化粧崩れがしにくい化粧品を使う

女性が気になるのが鼻汗をかくことによって起こる化粧崩れですが、どうしても外の仕事だったり、満員電車等のシーンでは空調管理が整わない為がしっかりしていないと汗をかいてしまいます。そういう時のために化粧崩れがしにくい化粧品を選んでおきましょう。ウォータープルーフの化粧品であったり、リキッドタイプの下地を薄く使うことで化粧崩れをいつもより抑えることができます。

>>>もっと詳しく【鼻汗での化粧崩れ対策】について知りたい方はこちら

 

鼻汗を抑える方法としては日頃からの努力が必要ですが、ボトックス注射をすることで普段の努力も比較的楽になります。そうすることで違う作業に時間をあてることができたりと効率も良くなるので気になる方がいれば是非お近くのクリニックで相談をしてみてください。

まとめ

  • ボトックス注射は、顔のしわ・たるみ・顔にかく汗にも効果が期待できるとして医療現場で利用されているものです。
  • ボトックス注射は、打ってから2~5日後から効果が表れます。2ヶ月~半年ほど効果が続きますが、効果と持続効果には個人差があります。
  • 副作用や注射に抵抗がある人は、自分自身でできる【大きな血管を冷やす・ツボを押す・化粧崩れ対策のフェンデ】などで対策してみましょう。
手汗LP誘導画像

SNSでもご購読できます。

最新記事