手汗がひどくてギターが弾けない!必見の対策方法

手汗 ギター

ギターは男性では多くの人が経験したことがあるでしょう。

女性の場合は、女性のバンドグループやシンガーソングライターのmiwaなどに影響されて、ギターを始める人も多いのではないでしょうか?

ただ、ギターを弾いている時に手汗が出てしまうと、上手く力が入らなくなってしまったり、ギターが滑るといったことはないでしょうか?

また、手汗が原因でギターの弦が錆びてしまったり、錆が原因で音が変になってしまいギター本来の音色が出なくなることや、弦が切れることも。

そんなギターやヴァイオリンなどの弦楽器を弾く人のための手汗対策方法について解説していきたいと思います。

手汗が出る前に制汗剤などを使って対策!

ギターを弾く前に手汗対策をして、汗を止めるのも1つの方法です。
手汗対策ができる制汗剤を活用するのがオススメです。

関連記事本サイトで前回紹介した手汗に効く制汗剤の選び方はこちら

市販されているものの多くはワキ用なので注意して購入しましょう。

汗でピックが滑ってしまう…ならこんな対策を!

滑り止めピックを買う、滑り止めシールを張る

汗などで滑るのを防止する加工が既にされたものを使う。
または手持ちのピックに滑り止めのシールを張ってもいいかもしれません。

手汗 ギター

引用元:Amazon
すべり止めシール PICKSTICK

穴をあけて通気を良くする

ピックが穴をあけられそうな素材なら穴あけパンチなどで通気性を持たせると手汗で滑るという状態はかなり改善できます。

手汗 ギター

引用元:楽天市場
穴あきセルロイドピック

前もって手汗対策商品を使っておく

これも対策としてはとても期待できます。どういった商品がいいのか、ここは迷いどころですね。

そこで当サイトで実際使える手汗対策商品をご紹介します。

関連記事手汗を止めるパウダー「ファリネ」の口コミと実際の効果とは?

公式サイト詳しくはファリネ(farine)の公式サイトでご確認ください

上記は当サイトが選ぶ手汗対策商品No.1を紹介しましたが、その他の商品も知りたい方は合わせてこちらも読むといいでしょう。

関連記事手汗商品ランキング!手汗のミカタが選ぶNo.1商品は?

錆びにくい加工された弦を使うのが効果的!

弦の交換は家の練習のみでだという人は1年に1回程度で、外で演奏をする機会がある人は1~2ヶ月に1回程度でしょう。

しかし、手汗が酷い人はもっと小まめに弦を張り変えを行っている人もいます。弦の張り変えはとても面倒で、張り変えたからといって終わりではありません。

弦を張り変えた後は、弦が伸びやすくなっている状態なので、弾いているとどんどん音が鈍くなっていきます。鈍くなったらチューニングをし直し、また鈍くなったらチューニングと何回も行わなければいけません。

この作業をなくすために、弦がさび付かないようなコーティングがしてある弦を探して、ギターに弦を張っておきましょう。

なかなか錆びない弦を紹介しているレビュー動画もあります。

弦によっては押さえにくい物や音に変化が見られる場合があるので、自分に合った弦を探して見ることが大切です。

小まめに手入れをすることが大事

ギターは使い終わった後や使わない時でも、常に手入れをする必要があります。手入れを怠ると弦がさびてしまったり、湿気などでネックが曲がっていることにも気づきません。

ギターを弾き終わった後には必ず手入れをして、手汗などをきれいに拭き取りましょう。ネックと弦の隙間にも手汗が付いているので、タオルなどを細くして丁寧に手入れをすることが大切です。

さび止めのスプレーなども楽器屋で購入できるので、弾き終わって手入れをする時に拭きかけてタオルなどを使って、馴染ませておきましょう。

ギター錆びないスプレー画像

錆び防止スプレー
ARIA (アリア) / SF8

まとめ

  • ギターを弾く前に制汗剤などで対策をしよう
  • ギターが錆びないように加工された弦を使おう
  • ギターを弾いた後は細めに汗を拭くなどして手入れをしよう