手汗対策には手袋を使うのが1番手っ取り早い?!

手汗 手袋

気になる人と手をつなぐ機会ができたのに、自分の手汗が気になってあと一歩が踏み出せない!

せっかくばっちりつくった書類が自分の手汗でシナシナに…

こうした経験に悩む人はデリケートな人は結構たくさんいます。

そうした日常での手汗の悩み対策になるのは何と「手袋」。

今回は手汗と手袋についてご紹介していきます。

手汗での悩みってこんなことがありませんか?

冒頭でも少しお伝えしていますが、手汗で悩んでいる人は日常の中の繊細な部分から仕事に関わってくる部分まで色々と悩みを抱えていることが多いんです。

というのも、手と言うのはあらゆる場面で人とのコミュニケーションを担ったり、作業を担ったりする大変重要な体の部位ですからね。

手について悩むということは、日常のあらゆる場面で大川少なかれ悩みをもってしまうことになるということなのです。

具体的には

  • 誰かと手を継ぐときに、緊張で手汗が出てしまい不快にさせてしまう
  • 書類など仕事で使う「紙製品や紙類」がふやけてしまう
  • 車のハンドルがビショビショになり持ちにくい
  • ゲームのコントローラーがびしょびしょになって汚れ、持ちにくくなる
  • スマフォなどのタブレット製品が反応しづらくなる

などなど・・・こんなときに手汗をかきやすい人はコンプレックスを感じることが多いようです。

こうしたコンプレックスはそのまま「周囲との関り」を少なくしようという心の働きにつながって、最終的には積極的に周囲と関わる人生を回避しやすくなっていくことがあるのです。

手汗の対策にはどんな方法があるの?

現在は手汗対策として

  • 皮膚科や美容外科での「汗腺切除」の手術
  • ボトックス注射による汗腺のコントロール
  • 手汗用制汗剤での対策

などが主流です。

>>>もっと詳しく【皮膚科や美容外科での治療】について知りたい方はこちら

>>>もっと詳しく【ボトックス注射による治療】について知りたい方はこちら

>>>もっと詳しく【手汗の制汗剤対策】について知りたい方はこちら

特に後者の制汗剤については、痛みもありませんし、手っ取り早く対処できるということで人気の手汗対策となっています。

今は手汗専用の制汗剤も多く販売されるようになっているので、自分のタイプに適した手汗用制汗剤を選ぶこともできるようになってきました。

さらに、これは昔から使われてきた物理的な方法ですが、手汗のために仕事などがままならない時には「手袋」を利用する方法もよく聞かれる手汗対策です。

手汗が付くのを物理的に止めるならこの手袋がおすすめ!

手汗対策に手袋を使うことは、根本的な解決にはなりません。
しかし、仕事場や学校で理解を得ることができるのであれば、一番身体に負担が少ない方法なので、誰にでもおすすめです。

手袋の種類については、場面や手を使う場合で変えた方が良いですが、作業をするのに1番効果的であるのは「軍手」だったりします。

化繊の入っていないことが多い軍手は安く大量に手に入りますから、濡れてすぐに洗濯…としても枚数使うことができます。

さらに綿なので通気性もよく、作業用なので仕事に適している場合も多いです。

安価で手に入るというのは、自分なりのアレンジをするのも心が痛みにくいので、指を使うケースが多い人は軍手の指を切っても良いですね。

今は100円ショップにドライバー用の白い綿の薄手手袋も置いてあるので、そうした手袋を利用するのも良いですよ。

関連記事手汗で紙がしわしわにならない方法!工夫された商品もある!

手汗専用の制汗パウダー

何をしてても手汗が出て、周りの人たちを不快な思いにしてないか悩んでしまいますよね。

タオルで手を拭いても拭いても手汗が出て困ってしまう人はコチラの商品がおすすめです!

関連記事手汗ケアの商品に迷ったらこちら

手汗専用の制汗パウダーがあるって知ってましたか?
大事な時に手汗で濡れて困ってる方にオススメです!

手汗がひどい時でも即効性があり、無添加素材ですから子どもでも安心して使うことができる商品が『ファリネ』です。

関連記事手汗を止めるパウダー「ファリネ」の口コミと実際の効果とは?

ファリネはなんといってもコンパクトで持ち運びがしやすいという点がおすすめ。バッグに入れてもかさばらないし、荷物の邪魔になることもありません。

公式サイト詳しくはファリネ(farine)の公式サイトでご確認ください

まとめ

  • 【手袋で手汗対策】は体に一番負担が少ないのでおすすめです
  • 使うなら安価でアレンジもしやすい軍手がおすすめ
  • 手袋で根本的な解決はできません。自分に合った対処方法を探し解決しましょう