手汗に加えて湿疹やかゆみがある症状の原因とは?もしかして病気?

手汗 湿疹

しっとりと汗をかいた手のひらに、いつの間にかできてしまった水ぶくれ。

こうした水ぶくれの症状、実は皮膚トラブルの症状で、正式に病名も付いています。特に気にしない人も多いようですが、誤って掻いてしまうと症状が悪化することも。

今回は、手汗に伴う手のひらの肌トラブルについて、説明いたします。

手汗による湿疹の原因

汗をかきやすい手のひらに、小さくて透明な水疱ができることがあります。

かゆみを伴うことも多く、無意識のうちに掻いてしまうと手の皮がむけてボロボロになってしまうことも。こうした症状の原因には、汗を分泌する汗腺の一種、エクリン腺に汗が詰まることが考えられます。

大量の汗が分泌されると、何らかの原因で汗が排出されずに皮膚に蓄積されてしまうことがあります。その結果、排出されなかった汗が1mmほどの小さな水ぶくれとなって、皮膚の表面に現れます。

汗が皮膚を刺激するため、かゆみを伴うこともあります。手のひら同様、汗をかきやすい足の裏に発症することもあります

手汗に伴う湿疹やかゆみの病名

手汗が原因でできるこうした水ぶくれ。病名は「異汗性湿疹」または「汗疱」のいずれかになります。

これらの手汗が原因となる疾患以外にも、歯周病などの歯の病気や歯科金属アレルギー、ビタミンの一種、ビオチンの不足が原因となる掌蹠膿疱症や、皮膚の皮脂や水分不足が原因となる接触性湿疹も、手のひらの湿疹やかゆみを伴う皮膚疾患です。

症状だけでなく見た目も似ているので、間違えないように注意が必要です。

水虫に間違われがちな汗疱!対処方法とは?

手汗に伴う湿疹やかゆみの対策

すぐにでも治したい手汗に伴う湿疹やかゆみに対する応急措置として、薬局やドラッグストアなどで市販されている軟膏「メモA」や「コーフル」を使用してみてはいかがでしょう。

メモAの価格は600円ほど。ドラッグストアなどで購入することができます。かゆみを鎮める効果のあるジブカイン塩酸塩や、皮膚再生の効果が期待できるアラントインが配合されており、かゆみに対する即効性が特徴の薬です。継続して使用することで湿疹も改善します。

コーフルは内容量によって価格が異なりますが、1,000円ほどで入手することができます。メモA同様、かゆみに対する即効性と湿疹の治療に効果を発揮します。コーフルを塗布して患部をガーゼで保護してもガーゼが傷にくっつきにくく、ガーゼを交換する際に痛みが少ないことも特徴の1つです。

これらの薬がすぐに手に入らない場合は、患部を冷やすとかゆみを抑えることができます。

治療方法

これらの手汗に伴う湿疹やかゆみがある場合、皮膚科での治療が一般的です。

健康な皮膚を再生する効果がある保湿剤や、抗炎症作用のあるステロイド軟膏などの外用剤や、かゆみを抑える作用がある抗ヒスタミン剤などの内服薬を処方されます。

また、制汗剤などによる手汗に対する治療を、並行して行うこともあります。

湿疹が出る前に予防!手汗をなくそう

手にはたくさんの汗腺が存在しています。
毎日靴下を履く足よりは湿疹にはなりにくいと考えられますが、夏や、冬に手袋をする時期などは特に注意が必要です。
汗をかくことが湿疹になる原因ですから、汗を抑制するファリネの利用を検討してはいかがでしょうか。
汗を抑制することで、気になる臭いなども軽減されます。

≫手汗専門パウダーを販売しているファリネ(farine)の公式サイト


≫手汗対策商品のランキング発表!!

まとめ

  • 手にできる水疱の原因は手汗
  • 水ぶくれの病名は「異汗性湿疹」または「汗疱」
  • 応急処置の薬は薬局でも購入可能
  • 湿疹やかゆみが出たら皮膚科へ