手汗ボトックス治療は財布の敵!支持される理由って?

手汗 ボトックス

手汗は、酷くなってしまうと手のひらからこぼれ落ちる程の、汗をかいてしまうことがあります。

その状態になってしまうと、一般的な治療で治すことは難しくなってしまうことが多いです。

手汗が酷くてETS手術を行う場合は、費用が高く10万円程度で手術が出来ますが、高くてETS手術ができないという人はボトックス注射をオススメします。

ボトックス注射でどのように治療していくのかを調べてみました。

どうして手足やワキは発汗が多いのか?

エクリン汗線は手や足、ワキなどに最も多くあると言われています。
次にエクリン汗線が多いのは顔などの露出部分で、頸部や体幹、四肢も多いといわれています。

エクリン汗線からの発汗は場所によって違いがあります。
エクリン汗線の発汗は、温熱性発汗や精神性発汗、味覚性発汗の3種類があります。

  • 温熱性発汗
    体温の調節をするための発汗で、手のひらや足の裏を除いた汗線から汗が出ます。
  • 精神性発汗
    緊張した時やエクリン汗線をコントロールしている交感神経の働きが高い時に、手のひらや足の裏、ワキに汗が出てしまいます。
  • 味覚性発汗
    辛い物や熱いものを食べた時に発汗が起こり、顔などから汗が出てきます。

手や足、ワキはちょうど精神性発汗の部分なので、季節に関係なく大量の汗をかいてしまうということです。

ボトックス注射で治療を行う場合は、手や足、ワキの汗を抑えることができ、他の部分が発汗して汗が出てしまう心配もありません。

そもそも手や足、ワキと顔などの部分の発汗の仕方が違うので、ボトックス注射をしても他の部分から汗が出ることはありません。

多汗症にはボトックス注射がオススメ!

ボトックス(botox)という薬を、汗が気になっている部分に注射をするだけと簡単な治療法です。
ボトックス注射をするだけで、手汗や多汗症を治すことができます。

ボトックス注射は、医療機関でしか打つことができないので、病院やクリニックなどで診察を受けてからの治療になります。

最近では、手汗が酷くて悩んでいる人や多汗症の患者が増えて、ボトックス注射で治療をする人が増えているそうです。

手汗に効果があるボトックス注射の施術の流れ

まずは、診察を受けてから治療に移行していきます。
痛みを和らげるため、ボトックス注射を打つ部分をよく冷やしていきます。

クリニックなどによっては、この時にマスク麻酔をかけて完全無痛麻酔をかけることもできるそうです。
ボトックス注射を打つ時間は数分程度で完了します。

ボトックス注射の効果は、個人差もありますが施術から3~4日後に効果が出てきて、約6ヶ月程度は効果が持続します。

中にはボトックス注射を打ってから、1年も効果が持続したという人もいるようです。

手汗や多汗症でボトックス注射を打つ場合は、冷やすだけでは痛みが強いので、マスク麻酔の完全無痛麻酔をオススメします。

ETS手術とボトックス注射の違いとは?

ETS手術が成功した場合は、手汗や多汗症で悩むことはなくなります。
しかし、ボトックス注射を打った場合は、効果の持続が6ヶ月程度しか持たないので、1年に最低でも2回は打たなくてはいけません。

やはり治療の持続期間がポイントになってきますが、ETS手術を受けた場合でも効果は個人差があり再び手汗が酷くなってしまう可能性もあります。

ETS手術を行った場合の費用は、約10万円程度で行うことができます。

それに比べて、ボトックス注射での治療の費用は、ボトックス(手のひら・足の裏)両側で10万円以下で治療を受けることができます。
マスク麻酔はオプションなので、マスク麻酔の費用は5万円以下です。

トータルで考えると、ETS手術の治療の方が安いと感じますが、手術は抵抗があるという人にはボトックス注射での治療をオススメします。

関連記事ETS手術の参考記事はこちら

手汗ボトックス治療以外の軽減方法

ボトックス注射もETS手術も勇気がでない、でも手汗を軽減したい。そんな人にオススメなのは、ファリネです。手に塗るだけなので、手術などをする必要はありません。

肌に合わないと感じた場合は、手洗いをすれば落とすこともできます。

関連記事手汗を止めるパウダー「ファリネ」の口コミと実際の効果とは?

定期的につけなおす必要はありますが、つけてから1時間~2時間は効果が持続するので、試験や運転、面接など、手汗が増える、自分が気になるタイミングで利用することをおすすめします。

公式サイト詳しくはファリネ(farine)の公式サイトでご確認ください

関連記事手に塗るだけでOK!!その他商品のランキング情報はこちらへ

まとめ

  • 手足やワキの発汗が多い理由 ①エクリン汗腺が多い ②精神性発汗の部分である
  • 手軽に治療できるボトックス注射は約6ヶ月間効果が持続
  • ETS手術はリスクがある為、抵抗のある方はボトックス注射の治療をおすすめします