効果を求めすぎると副作用?プロバンサインの正しい使い方講座!

プロバンサイン画像

多汗症のなかには、大きく分けて、全身多汗症と局所多汗症の2種類があります。多汗症に悩む人が増える一方で、対策商品も増えていますが、頭や顔にはそうした制汗剤は刺激が強く、使用は控えた方が良いというのが現実です。

手や足などは制汗剤などで対策が可能ですが、顔や頭などはどう対処すればいいのでしょうか?

今回は、顔汗や頭汗に悩む人にもおすすめの「飲む」汗対策商品についてお話したいと思います。

全身の汗が止まる!?

頭や顔の汗の対策としては、首の後ろを冷やしたり、半側発汗(はんそくはっかん)を利用し胸部のツボを圧迫することで発汗を防ぐということがスタンダードだと思います。

しかし、一時的に効果は得られるもののなかなか持続させることは難しいですよね?

半側発汗に関しては、一部分にしろ体を圧迫するというだけあり、長時間締め付けるのは厳しいもの。

そんな方におすすめしたいのが、「プロバンサイン」という飲み薬です。

プロバンサインは、ファイザー製薬から販売されている神経系の薬で、病院でも多汗症の治療に使われているものです。多汗症(全身)の症状を改善する効果があるとされており、アセチルコリンという物質の働きを抑制する作用をもち、消化管などの異常にもはたらきかけてくれます。

この薬の特徴は即効性。飲むと1時間後には発汗が抑えられ、5時間も持続します。

さらに、「手だけ」や「顔だけ」ではなく、全身に効くので、全身多汗症の人にも局所多汗症の人にもオススメできるお薬です。

飲み方や適量は?

プロバンサインは、基本的には医師の診察を受け、処方箋をもらわなければ購入できない薬です。

成人の場合だと、1回1錠を1日に3回~4回服用することが基本的な用量用法ですが、処方してもらった医療機関または医師の指示に従って服用するようにしてください。

人にもよりますが、過剰摂取をすると副作用が出てしまう可能性があります。

まずは、少量から服用し、自分の体と相談しながら効果の出方をみるようにし、あまり変化ないと思った場合には1錠ずつ量を増やしいていくと良いでしょう。

また、汗を抑制したい時間に合わせて服用する必要があります。

先ほどもお話しましたが、効果が出るには1時間かかるので、逆算して使うと良いと思います。

より効果を得たい場合は食前の服用がおすすめです。食前は胃袋に物がない分栄養吸収が早いことでも知られていますが、これと同じで薬などの効果も出やすいとされています。もちろん胃が弱い方など、胃に何も入れないまま薬を服用することに不安のある方は、無理をせず食後に服用するようにしましょう。

過剰摂取が副作用を招く?

プロバンサインは、1日3回~4回、1回に1錠を服用が基本ですが、より効果を求め量を増やして飲む方がいるようです。

絶大な効果と引き換えに、下記のような副作用を訴える人がいるのは、用法用量を守らないからです。

  • 眠気
  • めまい
  • 口の渇き
  • 頭痛
  • 便秘
  • 排尿障害

1錠でも十分に効果を発揮することのできる薬ですが、どうしても量を増やして使いたいという方は、最高でも1回2錠にとどめておきましょう。

プロバンサインは汗を抑制する作用が非常に高く、汗対策商品としては有能な商品ですが、その反面副作用はこんなにあります。

必ず、医師の指示のもと服用量は守るようにしてください。

また、夏場の使用には注意が必要です。

汗はもともと体温を調節する機能を持っているので、夏に体温が高くなり、汗が出ない状態になると体温が急激に上昇してしまいます。

その結果熱中症などを引き起こしてしまう可能性もありますので、使用する際は、シーンを選びましょう。

しかし、プロバンサインひとつ持っていれば、通勤前に飲んで通勤時間を快適なものにすることも、人前に出る場面で汗を気にする必要がなくなるということもありますし、心を落ち着かせるという意味でも持っているとよいかもしれませんね。

手汗LP誘導画像

SNSでもご購読できます。

最新記事