赤ちゃんは汗っかき!今さら聞けないあせも予防対策の基本

赤ちゃん あせも 予防

赤ちゃんのぷっくりお肌、見ているだけで何とも愛おしいものです。

暑い季節になると、このかわいいお肌に赤いブツブツを作るあせも。何とか予防したいものですよね。

今回は赤ちゃんのあせも予防についてご紹介しようと思います。

あせもの原因とは?

赤ちゃん あせも 予防

汗を大量にかいたときに、汗が皮膚の中に溜まってしまうことが原因となって、あせもは起こります。
汗は汗管という管状の腺を通って、体の表面にある汗孔と呼ばれる汗の出口から分泌される体液です。
汗腺があるのは皮膚の真皮の奥深くで、そこから汗管という汗の通路が汗孔に伸びています。
汗が皮膚の中に溜まってしまうと、皮膚の下にある汗管の周りの組織に漏れ出します。
その結果水ぶくれになったり、炎症を起こして痒みを伴う赤い発疹ができたりします。
このことからあせもは「汗疹(かんしん)」とも呼ばれるのです。

あせもの治し方って?

あせもは種類ごとに対処方法が異なります。まずは、赤ちゃんのあせもの種類を見極めることが大切です。

水晶様汗疹

赤ちゃん あせも 予防
2mm~3mmほどの小さな水疱上の発疹で、かゆみや痛み、赤みなどは伴わないのが特徴です。
水晶様汗疹は皮膚の非常に浅い部分に発症します。患部を清潔に保てば数日で自然に治ります
ただ、患部を不衛生にしていると再発を繰り返すこともあります。赤ちゃんが汗をかいたらこまめに拭き取って、肌を清潔に保つようにしましょう。

紅色汗疹

赤ちゃん あせも 予防
通常あせもと呼ばれるのは、この紅色汗疹です。紅色汗疹には弱ステロイド軟こうが効果的ですので、早めの治療を心掛けるようにしましょう。
掻きむしってしまうと、指や爪に付着した細菌が傷口から侵入し、化膿したりとびひになったりする場合もあるので注意が必要です。

入浴すると汗の通り道の汗管が開くため、症状が緩和されます。お風呂で患部を清潔にし、弱ステロイド軟膏を塗ってあげると治りも早いでしょう。

あせもの予防方法

ここで赤ちゃんのあせもの予防方法をご紹介します。

エアコンを利用する

赤ちゃん あせも 予防
高温多湿の真夏は特に汗をかきやすい季節です。室内を適切な温度に保てるよう、エアコンを使用するようにしましょう。
その際、冷気を直接赤ちゃんに当てないように気を付けます。

一方、冬場にエアコンで部屋を暖め過ぎると、赤ちゃんは汗をかいてしまうこともあります。赤ちゃんが汗をかいていないか、こまめに確認してあげることも大切です。
冬場にエアコンを使用する際は、温度だけでなく湿度にも気を配る必要があります。室内が乾燥している場合は、加湿器で適切な湿度を保つよう心掛けることも大切です。

通気性・吸湿性の良い衣類を着せる

赤ちゃん あせも 予防
上下一体となったロンパース型の服は、通気性が非常に悪く汗をかく原因になります。薄手の半そで・半ズボンなど、通気性の良い服を着せるようにしましょう。

また、汗を吸収しやすく速乾性のある素材を選ぶと良いでしょう。汗を吸収しやすく皮膚を清潔に保つことができる綿などの素材は、暑くて汗をかきやすい時期には最適です。

汗をかいたままにしない

赤ちゃん あせも 予防
汗をかいたらウェットティッシュや濡れタオルなどで拭い、通気性を良くして皮膚を清潔に保つようにすると良いでしょう。
赤ちゃんの体を拭う際に肌を傷つけてしまうことがあります。こすらずに軽くたたくように拭いてあげるようにしてください。
汗を拭ってすぐにおむつや洋服を着せてしまうと、湿疹やかぶれの原因になることも。

忘れずにおむつ交換を!

赤ちゃん あせも 予防
おむつの中は湿度が高く、皮膚の炎症が起きやすい場所です。こまめにおむつの中をチェックして、汗をかいているようならおしり拭きで汗を拭ってあげるようにしましょう。

こまめに着替える

赤ちゃん あせも 予防
赤ちゃんは大人以上に汗かきです。汗をかいた服を着せたままにしておくと、あせもの原因になります。
外出後、赤ちゃんは必ず汗をかいていますので、帰宅したらすぐに着替えさせて、肌を清潔に保つことが大切です。
赤ちゃんは体温が高いので、冬場の寒い時期でも汗をかくものです。汗をかいていないか、こまめに確認するようにしましょう。

赤ちゃんは想像以上に汗をかきやすいことが、お分かり頂けたと思います。
あせもの予防には肌を清潔に保つことが基本です。

汗をかいていないか。おむつの中が蒸れていないか。

こまめにチェックして、あせもにならないよう注意してあげてください。

まとめ

  • 汗を大量にかいた時に汗が皮膚の中に溜まってしまうことが原因となって、あせもは起こる。
  • 汗をかいたらウェットティッシュや濡れタオルなどで拭い、通気性を良くして皮膚を清潔に保つ。
  • 冬場でも汗をかきやすいので、こまめに確認して肌を清潔に保つ。
手汗LP誘導画像

SNSでもご購読できます。

最新記事