赤ちゃんのあせもを防ぐために!おすすめ保湿クリームご紹介!

赤ちゃん 保湿クリーム

赤ちゃんの肌はとても敏感です。

高温多湿の夏場はあせもに気を付けなければなりませんが、空気が乾燥する冬は乾燥肌にも注意が必要です。

このような赤ちゃんの肌を乾燥から守る、オススメの保湿クリームをご紹介します。

赤ちゃんの保湿ケアのポイント

赤ちゃんの肌の保湿を行う上でのポイントを、これからご紹介します。

保湿ケア商品は赤ちゃん専用のものを!

赤ちゃんの肌はとてもデリケートです。

保湿ケアの際には、刺激の少ない赤ちゃん専用の商品を選ぶことが大切です。

無着色・無香料の、赤ちゃんにとってやさしい商品を選ぶことをお勧めします。

入浴後すぐに保湿

お風呂上りは肌の水分量が急激に減少します。よって、入浴後5分以内の保湿が理想的です。

出かける前には忘れず保湿

空気が乾燥する冬場は赤ちゃんの肌も乾燥しやすくなります。

お出かけ前も、忘れずに肌ケアを行うようにしましょう。直接外気に触れる顔や口、耳、首、手足を中心とした保湿ケアが効果的です。

しわの奥までしっかり保湿

クリームやローションが塗りにくい首や手足のしわの奥に気を付けて、保湿ケアを行うようにしてください。

これらは汚れがたまりやすい部分ですので、お風呂でしっかり洗ってあげることも重要です。

赤ちゃんの保湿ケア用品の種類

赤ちゃんの保湿ケア用品にはさまざまなものがあります。

代表的な赤ちゃんの保湿ケア用品について、ここでご紹介します。

ローション

赤ちゃん 保湿クリーム

化粧水のようにサラッとしたタイプや、乳液が配合されているミルクローションなどさまざまなタイプの商品があります。

肌なじみが良いローションは、水分と油分を手早く補うことができます。

クリーム

赤ちゃん 保湿クリーム

ローションを塗った後にクリームを塗ることで、水分や油分を補った後の肌を守る効果があります。

肌の乾燥している部分に塗ることで、潤いを与える効果もあります。ローションとクリームを併用すると保湿効果が高まります。

オイル

赤ちゃん 保湿クリーム

低刺激の赤ちゃん用オイルは、保湿には非常に効果的です。

乾燥が気になるところに、ローションを塗ってからオイルを重ねて塗ると、保湿効果が高まります。

赤ちゃんの肌に保湿をする際の注意点

ここからは、赤ちゃんの肌に保湿をする際の注意点に関しお話ししていきます。

保湿前にパッチテストを行う

赤ちゃんの肌はデリケートなので、赤ちゃん用の保湿ケア用品でも肌に合わないこともあります。

使用する前にパッチテストを行い、赤ちゃんの肌に合うか確認してから保湿することをお勧めします。

使用期限を守る

赤ちゃんの保湿ケア用品には、自然由来の成分が多く含まれています。天然の成分ですので劣化も早いと考えられます。

保湿ケア用品を使用する際は、使用期限に気を付けるようにしましょう。

おすすめ保湿クリーム

おすすめの商品は下記3つです。

アロベビー ベビークリーム

赤ちゃん 保湿クリーム

保湿成分「シアバター」が主成分のベビークリームです。

やわらかな肌触りで塗りやすく、動き回ることが多い赤ちゃんにも、手早く塗ることができて便利です。

パックスベビー ボディークリーム

赤ちゃん 保湿クリーム

パックスベビーシリーズは、無香料・無着色で肌にやさしいことが特徴です。

皮脂の組成に近く、赤ちゃんの肌にもしっとりとなじみます。肌への刺激となる界面活性剤や酸化防止剤なども使用していないので安心です。

ピジョン ベビークリーム

赤ちゃん 保湿クリーム

保湿成分には胎脂類似成分のひとつ、ピジョンベビーリピッド(イソステアリン酸コレステリルタス・セラミド2)が配合されており、赤ちゃんの肌にもやさしい保湿ケア用品です。

まとめ

  • 赤ちゃんの保湿ケアは、入浴後5分以内にしわの奥までを意識し専用のクリームを使用しましょう
  • ローション・クリーム・オイルの3タイプある
  • パッチテストをし肌に合うか確認することや使用期限は守りましょう
手汗LP誘導画像

SNSでもご購読できます。

最新記事