デリケートな肌の赤ちゃんにはどんな石鹸を使えばいい?

赤ちゃん 石鹸

デリケートな肌を持つ赤ちゃんには大人用の石鹸は刺激が強すぎます。

では、赤ちゃんにはどのような石鹸を使うのが良いのでしょう。

今回は、赤ちゃんの肌にもやさしい石鹸の選び方と、正しい洗い方をご紹介します。

無添加のベビー石鹸とは?

赤ちゃんの敏感な肌を守る方法の1つが、無添加のベビー石鹸を使うことです。これは化学物質を使った石鹸よりも、より自然に近い状態の石鹸の方が肌への刺激を減らすことができるためです。

「無添加」とうたっているベビー石鹸の中にも、完全無添加のものと指定成分無添加のものがあります。
製品に添加される成分には、必ず表示しなければならない成分と、法律上表示する必要がない成分があります。必ず表示しなければならない成分が添加されていないものが、指定成分無添加。表示する必要のない成分を含めて添加物を一切使っていない製品が、完全無添加ということになります。

石鹸の選び方のポイント

液体石鹸と固形石鹸

ポンプに入った液体石鹸は、ワンタッチで泡が出ます。片手で赤ちゃんの体を支えながら洗うときは、簡単に出せる液体石鹸はとても便利です。
その一方でつい出し過ぎてしまい、過剰に皮脂を洗浄してしまう心配があります。固形石鹸に比べて価格も高めです。

固形石鹸をよく泡立てれば、赤ちゃんの肌でもやさしく洗うことができます。液体石鹸に比べて長持ちするので、コスト面で液体石鹸よりも優れています。

成分

赤ちゃんの肌はデリケートですので、肌への刺激となる成分が入っていない無添加のものを購入するのが理想です。ただ、赤ちゃんの肌には個人差があります。天然成分であっても敏感に反応してしまう赤ちゃんもいますので、部分的な使用でのパッチテストを行ってみると良いでしょう。

口コミの評判

使いやすさや使い心地などに関しては、実際に使用した人の声が非常に参考になります。インターネットの口コミを参考にするのも良い方法です。

正しい洗い方

赤ちゃんの顔、頭、体の正しい洗い方を説明いたします。

顔の洗い方

赤ちゃん 石鹸
全身用ボディーソープを使って洗います。

  1. こすらずに泡で包み込んで汚れを落とします。
  2. たっぷりの泡で、ガーゼではなく手でやさしく洗います。
  3. 忘れがちな耳の後ろもしっかり洗います。
  4. 汚れやすいTゾーンは湿疹が出やすい場所です。しっかり洗って保湿も忘れずに
  5. 小鼻も忘れずに洗います。
  6. 弱めのシャワーを顔にかけてすすぎます。反射的に目を閉じるので大丈夫です。

頭の洗い方

赤ちゃん 石鹸
頭には体の約10倍もの皮脂腺があり、他の部位よりも皮脂汚れが溜まりやすくなります。皮脂を落とす専用のシャンプーを使うと、汚れをしっかり落とすことができます。

  1. 専用シャンプーを用いて、指の腹を使ってしっかり洗います。
  2. シャワーを頭にかけてすすぎます。
  3. 耳をふさぐと返って鼓膜に負担がかかります。耳はふさがずに洗うようにしましょう。

体の洗い方

赤ちゃん 石鹸
全身用ボディーソープを使って洗います。

  1. こすらずに、泡で包み込んで汚れを落とすようにします。
  2. お腹や背中、首や股の間、手首のくびれ、しわは伸ばしてしっかり洗います。
  3. 最後に弱めのシャワーで泡をしっかり洗い流します。すすぎ残しがあると肌トラブルの原因になります。

まとめ

  • 天然成分であっても敏感に反応してしまう事があるので、心配な時は必ずパッチテストを行う。
  • 顔を洗う際はよく泡立て、手を使って優しく洗い、汚れが溜まりやすいTゾーンや耳の後ろもしっかり洗う。
  • 頭は皮脂を落とす専用のシャンプーで、指の腹を使って洗う。
  • すすぎ残しがあると肌トラブルに繋がるので、泡をしっかり洗い流す。
手汗LP誘導画像

SNSでもご購読できます。

最新記事