大人でも汗っかきさん要注意!あせも(汗疹)の原因と対策

あせも 対策 大人

子供の肌トラブルといった印象のあるあせもですが、高温多湿の環境では大人でもあせもに注意が必要です。

あせもにならないようにするにはどうしたらよいのか、大人のあせも対策について考えてみることにしましょう。

あせもって何?

あせもには、水晶様汗疹紅色汗疹深在性汗疹の3種類があります。それぞれの特徴についてご説明します。
あせも 対策 大人

水晶様汗疹

直径1mm~3mmほどの透明な水疱が多数発生します。炎症は伴わず、かゆみなどの自覚症状もありません。
上半身や手足、額、顔などにできやすいあせもです。

患部を清潔に保つことで、数日で自然に治ります

紅色汗疹

一般的に、あせもはこの紅色汗疹のことを指します。赤い粟粒大から反米粒大の水泡、または漿液と呼ばれる水分を含む発疹ができます。

深在性汗疹

体の広い範囲に、青白く盛り上がった状態の発疹が現れ、かゆみはほとんどありません。
運動や外部からの熱など、発汗刺激が加わると発疹は大きくなりますが、汗を排出できないので皮膚は乾燥していきます
体内に熱がこもって熱中症の症状が現れ、動悸やめまい、倦怠感を伴うこともあります。体温調節機能が働かなくなることがあるので、注意が必要なあせもです。

あせもの原因とは?

汗には蒸発するときの気化熱で熱を奪うことで、体温を適切な温度に保つ働きがあります。

しかし高温多湿の状態に長時間おかれたり、激しい運動をしたりすることで大量の汗をかき続けると、汗の出口(汗孔)が詰まってしまうことがあります。
そうなると、皮膚表面へ汗をスムーズに排出することができなくなり、汗の通り道(汗管)周囲に炎症を起こします。
その結果、皮膚にかゆみを伴う赤い発疹があせもとして現れます。

なぜ子供に多いの?

あせも 対策 大人
汗が分泌される汗腺の数は大人も子供もほぼ同じです。そのため、体が小さい分汗腺が密集して存在する子供は、大人に比べて汗をかきやすいといえます。
また、子供の皮膚のバリア機能は大人に比べて未発達です。外部からの刺激に敏感なため、湿疹やあせもを発症しやすくなるのです。

対策方法

あせもの予防には、肌を清潔に保つことが有効です。汗をかいたら、次の4つのことを心がけると良いでしょう。

エアコンの活用

あせも 対策 大人
あせもを予防するには、汗をかかないようにすることが重要です。
そこで活躍するのがエアコンです。エアコンで室内を快適な温度に保つことで汗をかく機会が減り、あせもの予防につながります。

シャワーを浴びる

あせも 対策 大人
ぬるめの温度のシャワーを浴びて体を洗います。お湯につかる場合は、汗をかかない程度のぬるめの温度のお湯につかるようにしましょう。

こまめに汗を拭く

あせも 対策 大人
清潔なタオルで、こすらずに汗を押さえるようにして拭きます。乾いたタオルより濡れタオルウェットティッシュの方が、汗の成分をふき取るのに効果的です。

着替える

あせも 対策 大人
汗をかいたら、清潔な服に着替えるようにしましょう。その際、下着も着替えることをお勧めします。

まとめ

  • あせもの種類は3つ。
  • 水晶様汗疹は上半身や手足、額、顔などにできやすい透明な水疱。患部を清潔に保つことで自然治癒する。
  • あせもの大半が紅色汗疹と呼ばれる赤い発疹。
  • 深在性汗疹は汗を排出できず乾燥していき、体温調節機能が働かなくなることがある注意が必要な症状。
  • あせも予防はとにかく肌を清潔に保つ。汗をかいたら濡れタオルやウェットティッシュでこすらずに拭き、清潔な服に着替えるのがベスト。
手汗LP誘導画像

SNSでもご購読できます。

最新記事