掻きむしると化膿の原因に。あせもの原因と予防策

あせも 原因

暑い季節の皮膚トラブルといえばあせもですね。
乾燥した季節でもないのにできる赤い発疹、いったいどうしてできてしまうのでしょう。
できれば未然に防ぎたいものです。

このあせもの原因と予防法に付いて、詳しく説明いたします。

あせもの原因

あせも 原因
汗が皮膚の中に溜まってしまうことで、あせもができてしまいます。そのため、あせもは大量に汗をかく夏場にできやすくなります。
溜まってしまった汗は、皮膚の下にある汗管という汗の通り道の周りの組織に漏れ出します。
その結果水ぶくれができたり、炎症を起こしてかゆみを伴う赤い発疹ができたりします。

あせもの予防策

あせも 原因
体温調節や老廃物を体外に排出する役割を担う汗をかく機能は、健康を保つ上ではとても大切です。
そのため、汗をかいた後のスキンケアがとても重要になります。
汗をかいたままの状態にしておくと、皮膚の表面にある汗の出口(汗孔)に汚れが詰まりやすくなります。汗をかいた後は、シャワーを浴びて汚れを洗い流したり、清潔な濡れタオルやウェットティッシュなどで汗を拭き取ったりするよう心掛けましょう。

吸湿性や通気性に優れた木綿や速乾機能のある素材を使った衣服の着用も効果的です。

あせもは予防することが大切です。
できてしまったらスキンケアと薬による治療を行うようにしましょう。掻きむしってしまうと指や爪に付着した細菌が侵入し、化膿したりとびひになったりしてしまいますので注意が必要です。
適切に対処するようにしましょう。

痒みや赤い発疹だけじゃない!あせもの種類や症状は?

あせもになったら…

あせも 原因
あせもができてしまったら、症状を悪化させないことを心がけるようにしましょう。

節電のため就寝中にエアコンを切ってしまう人が多いですが、そうすると寝ている間に汗をかいてしまい、あせもが悪化してしまうこともあります。
また、無意識のうちに患部を掻きむしってしまい、細菌感染による化膿の原因にもなります。あせもが治るまでは、エアコンを適切に使用して掻き壊しを防ぐようにしましょう

食生活においては、辛い食べ物やアルコールを控えるようにしましょう。これらは体温を上昇させてしまい、あせもによるかゆみを強く感じさせる働きがあります。

汗を洗い流すときは、熱いお湯に浸かるのではなく、ぬるめのシャワーを浴びるようにしましょう。患部をゴシゴシとこすることは禁物です。

水晶様汗疹の場合は症状が軽く、患部を清潔に保つことで数日のうちに自然になおります。

紅色汗疹の場合は、スキンケアに加えて塗り薬による治療が効果的です。皮膚に炎症を起こした部分にステロイド外用剤を塗布します。抗炎症作用のあるステロイド外用剤には、炎症を鎮める効果があります。かゆみがやわらぎ心理的ストレスが軽減されるので、無意識のうちにかきむしってしまうこともなくなります。

まとめ

  • あせもは大量に汗をかく夏場にできやすい
  • 汗をかいたらシャワーを浴びたりウェットティッシュなどで汗を拭き取る
  • あせもができてしまったら症状を悪化させないことを心がける
手汗LP誘導画像

SNSでもご購読できます。

最新記事